紫黒色が近いでしょうか、黒みを帯びた深い紫の地に金銀や亜麻色に赤朽葉、鳩羽鼠に白橡などの深みのある彩りを用いて、鶴や鳳凰、蓮などを菱取りのかたちで並べた袋帯です。こちらは唐織りで名高い西陣の名機・山口弘躬さんの作、ふっくらとした絹糸の光沢が生きる重厚かつ端正な景色はやはり、上質な唐織ならではのものですね。金銀を主調とした落ち着いた色遣いの古典意匠は合わせる着物の色柄を選ばず、紋付や訪問着などの装いを格調高く引き立ててくれることと思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る