父である平朗さんの技術を引き継ぎ「有職織物」の重要無形文化財保持者として気品豊かな作品を制作なさった喜多川俵二さんの織り名古屋帯です。こちらは「彩亀甲文」。やや色を深めた珊瑚朱色が近いでしょうか、明るいコーラルオレンジ系を背景に松葉色や白橡色などの穏やかな色調で亀甲花菱文を敷き詰めたお品。ふっくらとした糸の柔らかな光沢、地色に溶け込む中間色が端正な割付文を品の良い華やぎで包んでいますね。室町の頃から装束を織り続けた機屋・俵屋を率い、有職織物を極めたこの方ならではの典雅な世界を、この機会にどうぞご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る