かつて浦野理一さんの仕事を支えたことで知られる先代からの作風を引き継ぎ、季節の花木などを大胆な構図とモダンな色遣いで表現する、江戸友禅作家・久呂田明功さんの染名古屋帯です。こちらは淡い鳩羽鼠色が近いでしょうか、灰みを含んだシックな薄紫の縮緬地に、大きく枝を伸ばす若松文が描かれたお品。深い紺青色と金彩を効果的に配した重厚な表現は久呂田さんならではのもので、染め帯ながらその迫力は袋帯に比しても何ら遜色ありません。紋付きにも充分対応できるどっしりとした存在感を見せてくれますね。おめでたい若松文は新年やお祝いの席にも重宝です。どうぞこの機会にお手に取ってご覧下さいませ。銀座もとじさんの扱いです。
この商品のONLINESHOPページを見る