古典を基調としながらも、現代の空間に美しく映えるモダンな帯づくりで知られる、西陣・織楽浅野さんの袋帯です。こちらは灰白色が近いでしょうか、細かな網代の地紋が入ったニュアンスのある淡彩を背景に、金銀糸や同色のふくれ織りで牡丹唐草文が表現されています。無彩色に近いシックな色味から洗練された華が引き出された織楽浅野さんらしいお品、無地感覚でお使い頂けますので合わせる着物の色柄を選ばす、装いを気品豊かに引き立ててくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る