贅を尽くした帯づくりで知られる龍村美術織物さんのお品の中でも、龍村錦帯として特別な位置付けにある「龍村平蔵製」の本袋帯です。こちらは「雅楽桜華文」、練色地を金銀の箔糸で立涌のかたちに分け、鮮やかな色で桜の花が織り上げられた華麗なお品です。平蔵製の帯は多種多彩な糸が複雑に用いられているものが多いのですが、繊細な金銀の箔糸とふっくらと太い甘撚りの糸等々を一つの面に綺麗に収めた見事な技術にも驚かされますね。振袖などにも美しく映えそうな、龍村さんらしい晴れやかで豪華な一点。お祝いのお席などにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る