日本工芸会正会員として活躍なさった小倉建亮さんの作品です。小倉さんは家業の友禅に加えて絞りの技法を学び、幻とされた辻が花を今の世に蘇らせたことで良く知られた方。現在活躍なさっている正統派辻が花の作家さんは、小倉さんの下で学ばれた方が殆どですね。こちらは灰みが強い極淡いピンクベージュとご説明したらよろしいでしょうか、穏やかな淡彩の縮緬地に、冴えた紫色を効かせてたっぷりとした辻が花を置いた染め帯です。大らかな花葉の輪郭を正確な絞りの描線、或いは繊細なカチンの墨色 が支え引き立てるお品。空間を生かした静かな構成ながら、桃山の豊かな華やぎの余韻を私たちに楽しませてくれますね。気品に満ちた景色は小倉さんの辻が花ならでは。ドレッシーな織りから小紋などの装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る