現代の琉球紅型を代表する作家・城間栄順さんの夏の名古屋帯です。こちらは麻地に海老と花籠のモチーフを置いた藍型染めのお品。長い触角をピンと伸ばし今にも跳ねだしそうな海老たちに、楚々とした花を挿した籠が添えられています。同系色の濃淡で表現される藍型では、白の存在はとても重要。所々にすっと抜かれた清々しい白が琉球藍独特の深い色をより際立たせてくれますね。夏の織りや上布などの装いを凜と引き締める、彩り美しい藍型の帯、この機会にぜひお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る