手織りの本羅八寸名古屋帯です。こちらは利休白茶色が近いでしょうか、僅かに緑みを帯びた灰茶系の地に、複雑な織りによる菱文様が整然と織り上げられています。今季も人間国宝の方の本羅の作品をご紹介いたしておりますが、こちらは無名の職人さんの作ながら、並べて比較しましても遜色のない、大変精緻な織味ある一点。端正な表情が夏紬から上布、小紋などの装いに涼やかな気品を添えて引き立ててくれることと思います。この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る