温かみのある白の地に、両脇に細い黒を添わせた水色の縞が走る本場結城紬の八寸名古屋帯です。僅かなかすれが趣き深い縞の表情や本結城ならではふっくらとした布味からでしょうか、シンプルな縞ながら決して単調な景色ではなく、クレヨンで描いたようなマットなブルーの美しさが優しく心に響きます。こちらは本結城の中でも贅沢な地機織のお品、経緯に差異のないしなやかな風合いや程良い弾力性は八寸としても最適で、やはり他の紬には無い締め心地の良さを実感して頂けることと思います。着物の色柄を選ばずお楽しみ頂ける上質な一点、気軽なお出かけに重宝頂けそうですね。

この商品のONLINESHOPページを見る