しぼの深いどっしりとした縮緬地に、型染めで花蝶を配した浦野理一さんの染め帯です。日本各地の染織に対する深い造詣を基に、ご自身の感性と妥協のない手仕事によって創られた贅沢な着物や帯は、時代を超えた輝きを放ち、生産が終わって久しい今も多くの方に愛され続けています。こちらはやや黄みに寄せた青朽葉色が近いでしょうか、色づいた銀杏を思わせるこくのある彩りを背景に、くっきりとした藍色や落ち着いた弁柄色の赤みが美しいコントラストを見せていますね。個性的な色遣いがクラシックで力強いモチーフをきりりと引き立たせるお品、紬や小紋に合わせて、浦野さんの帯ならではの存在感をお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る