金を通した亜麻色の地に、向花文や臥蝶丸文、唐花文など格調高い有職文がゆったりと浮かび上がる袋帯です。穏やかな淡彩を用いて繊細な織りで表現された大ぶりのモチーフから、有職ならではの典雅な華やぎが香るお品ですね。こちらは西陣を代表する老舗機屋・川島織物さんの作、品の良い古典意匠の美しさはもとより、上質な糸を用いて確かな技術で織り上げた帯は、締め心地やお太鼓の決まりの良さも格別です。格高の江戸小紋や付下げ、訪問着などに合わせて、気品ある装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る