紅桔梗色が近いでしょうか、目に飛び込んでくる鮮やかな青みの紫にまず圧倒されるヴィヴィッドな染め帯です。さっくりとした生紬の地に染め上げられたのは薔薇の花でしょうか、油画のように厚みのある色の重なりや力のあるタッチが実に印象的です。一目見ただけで心魅せられる個性豊かな画風や色構成は、染色作家・山本由季さんならではのもの。宮城県の自然に囲まれた工房で、花や虫・動物たちをモチーフとしたファンタスティックな着物や帯を制作なさる山本さん。厳しくもある環境に暮らしていらっしゃるからこそ、でしょうか、対象への優しい視線は、美しさや愛らしさのみならず、生命あるものが持つ強い力もしっかりと捉えていらっしゃるように思います。周りの方の心までも華やぐような存在感あるお品、紬や小紋の装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る