深い黒の塩瀬地に、名物裂・笹蔓緞子の文様を大らかにうつした天神唐草の染名古屋帯です。黒に映える鮮やかな彩り、松毬・笹竹に五弁の梅、松竹梅がアレンジされた吉祥文がとても晴れやかですね。こちらは女性らしい品の良い甘さを備えた意匠や、こっくりとした美しい色遣いで定評ある銀座志ま亀さんの作。繊細な縁取りのみならず、大ぶりの松毬にも贅沢に用いられた金彩が華やぎを添えて、紋付きの色無地や軽い付下げなどにもお使い頂ける格調を感じさせます。お出かけからお正月の装い、ちょっとしたお祝いの集まりまで、活躍の機会の多いお品と思います。この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る