黒色の地に金糸の菊唐草文、重ねて花形に取った窓に梅や桜・牡丹に菊花など折々の花木が華やかに織り出された袋帯です。こちらはフォーマル性の高い帯ではとりわけ定評ある西陣の老舗機屋・河合美術織物さんの作。贅沢に用いた金糸の輝き、妍を競う花々が盛装や礼装の着物をしっかりと受け止め、格調高く引き立ててくれることと思います。格高の小紋から訪問着、振袖などの装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る