白橡色の地に藍色と黒色、茶色を横段に通した経節紬の名古屋帯です。ざんぐりとした太糸の味わい豊かなお品、浦野理一さんの作品です。日本各地の伝統的な染織への深い理解と愛情に、ご自身の感性と妥協のない仕事を重ねて生まれたこの方の着物や帯は、生産が終わって久しい今も全く色褪せぬ美しさで私たちを魅了します。野趣、という言葉が似合う景色はどっしりと力強いものですが、手を惜しまず丹誠込めてつくられた布は時と共に人に馴染み、いつまでも温かく寄り添ってくれます。無地の経節帯同様とても合わせ易い重宝なお品です。どうぞ長くご愛用下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る