生成色のざんぐりとした紬地に、葡萄色や虫襖色を効かせた精緻な更紗花が表現された名古屋帯です。こちらは三代続く江戸更紗の家に生まれ、更紗を極めた大浦紫山さんの手描きによる作品。大らかで力強い構図ですが、手に取って眺めれば見事なグラデーションで使い別けられたシックな彩り、ほっそりとした金彩煌めく景色の繊細な美しさに惚れ惚れいたします。丁寧に心配られた仕事が確かな存在感をみせる染め帯の佳品、紬や小紋の装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る