日本工芸会正会員として活躍なさった染色作家・小倉建亮さんの名古屋帯です。小倉さんは家業の友禅に加えて絞りの技法を学び、幻とされた辻が花を今の世に蘇らせたことで良く知られた方。現在活躍なさっている正統派辻が花の作家さんは、小倉さんに師事なさった方が殆どです。こちらは象牙色が近いでしょうか、温かみのあるオフホワイトの縮緬地を背景に、褐返色や桔梗鼠色などを効かせて趣豊かな辻が花文が表現されたお品。精緻なカチンの描線と絞りならではの柔らかな滲みが一つの景色の中ですっきりと調和し、この方らしい優美な景色を創り出しています。季節を限定しない辻が花の帯は、上質なものを一点ご用意頂くととても重宝です。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る