趣味性の高い帯づくりで知られる西陣の老舗機屋・帯屋捨松さんの八寸名古屋帯です。こちらは柔らかな練色の地に様々な彩りで花木や鳥たちの姿が表現された「北欧の森」。北欧のタペストリーなどから得たデザインによるものとのことで、クレヨンで描いた童画のような伸びやかな表情がとても魅力的です。捨松さんではモザイク八寸と呼ばれているタイプの帯、ひと色モザイクをかけることで強めの色も程よく抑えられ、全体の色が調和するそうです。確かに細く織り込まれた白糸によって一つの色がモザイクのように細かく分断されることで、景色の印象がぐんと優しくなっていますね。立体感のある厚手の地風ですが、軽くしなやかでとても締めやすいお品です。シンプルな無地感覚の着物から産地物・作家物など力のある織物まで、しっかりと受け止め引き立ててくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る