沖縄の石垣島で織られる八重山上布は、宮古上布と同じくかつて貢納布制度によって磨かれた技術から生まれる美しい上布です。薄茶の絣が入った白上布が代名詞だった頃とは異なり、現代の八重山上布は島の植物染料による豊かな彩りを駆使した、伸びやかな作品に恵まれていますね。こちらは白地に藍のグラデーション、重ねてシンプルな絣文を配した名古屋帯。優しい白と淡い藍の清々しいコントラストは透みきった八重山の海を思い起こさせ、装いに爽やかな風を運んでくれることと思います。上布や夏織物・麻縮みなどの装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る