ナチュラルなベージュの地に車輪梅の茶と琉球藍の深い青の経緯絣で、喜如嘉の芭蕉布の定番柄であるセミ(アササ) が表現された名古屋帯です。馴染み深い虫の愛嬌のある姿が微笑ましいお品、上布や夏織物の装いを涼やかに、そして楽しく引き立ててくれそうですね。国の重要無形文化財に指定される染織品の製作工程は、どれも途方もない手間暇や高度な技術を要するものばかりですが、その中でも筆頭と言える織物が喜如嘉の芭蕉布。三年もの間丹精込めて育てた糸芭蕉から繊維を取りだし、細く裂いて一本一本繋いでゆく糸績み…染めや織りがスタートする以前に既に大変な時間と苦労が積み重ねられています。沖縄の人と風土が育む美しくも稀少な布、ぜひこの機会にお手にとってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る