江戸時代から続く「染司よしおか」の先代である吉岡常雄さんの作、うねるような変わり織りの紬地に、大らかな葡萄の画が描かれた名古屋帯です。吉岡さんは上代染織や天然染料など染織に関する様々な業績を残された方ですが、やはりその筆頭は貝紫による染めの解明。 遙か3500年もの昔から、古代フェニキア人の手で染められていたとされる技法の研究です。小さな巻き貝から得る染料はごく少量であり、美しさに加えその稀少性からも非常に高価なものとなり、貝紫染めによる紫は別名帝王紫と呼ばれました。こちらはその貝紫の染料を用いて描かれた贅沢な染め帯で、歴代の権力者を魅了したあでやかな紫と金の色が絹の柔らかな白を背景にくっきりと浮かび上がっています。さらりとシンプルな描写に吉岡さんの長年に亘る大きなお仕事が詰められた逸品、上質な紬や小紋などに合わせて、力ある高貴な彩りをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る