象牙色と紅消鼠色、そして桑染色の段替わりを背景に、装飾的な菱取りに唐草文と共に桐や菊花などを配した袋帯です。こちらは西陣でもとりわけ唐織りの技術で定評ある山城機業店さんの作、刺繍のようなふくよかな甘撚りの絹糸の光沢が映える、優美な雰囲気のお品ですね。地色に溶け込む穏やかな彩りに金銀糸の煌めきが重みと華を添えて、紋付や訪問着などの装いを美しく引き立ててくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る