象牙色の地に蘇芳色と薄縹色、柳染色の三色に金銀糸を取り合わせた市松文の横段、間には鳩羽鼠色に金銀の小桜文を配した本袋帯です。朗らかな彩りに金銀を散りばめた晴れやかな春景色に、元禄期の華やかな花見の風情が見事に映し出されていますね。市松と桜、シンプルな古典意匠が創る洗練された世界が、小紋や軽めの訪問着、またドレッシーな紬など様々な装いをすっきりと引き立ててくれることと思います。こちらは贅沢な帯づくりで知られる龍村美術織物さんの作、丹念に織り上げられた本袋ですので締めやすさも格別です。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る