西陣の名門機屋・桝屋高尾を率いる高尾弘さんの代表作、ねん金綴錦の袋帯です。ねん金綴錦には真綿の糸に金箔を巻き付けた特殊な素材が用いられており、複雑で重厚な輝きと共に真綿の軽やかな風合いを併せ持つ独特の質感の帯として高い評価を得ていますね。今回のご紹介は、無地感覚でお使い頂けるベイシックな段霞文。経糸に用いられた千草鼠色が金糸の煌めきにほんのりと色を重ねる景色がとても爽やかで、青竹を思わせるお色目は新年の装いにも清々しく映えることと思います。着物の柄を選ばず、帯留めなどの背景としても使いやすいお品、改まったお席や晴れやかな場面で重宝にお使い頂けそうですね。上質なフォーマル帯をお探しの方、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る