薄手で張りのある白地に、甘撚りのつややかな絹糸や金銀の糸を用いたふっくらとした唐織で松梅文が表現された袋帯です。能装束を思わせるような贅沢な糸遣いのお品、ボリュームのある絵緯糸が刺繍のような立体感を創り、晴れやかで迫力ある景色が生まれていますね。小さく効かせた滅紫色と灰青色が優美な華を添える清々しい逸品、特定はいたしかねますが、このように見事な唐織を織り上げる機屋さんは西陣でも数えるほどですね。黒留袖や色留袖、振袖や訪問着など第一礼装に合わせて、高い格調を備えた重厚な装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る