草木染めによる繊細な彩りを自在に操り、名物裂に由来する格調高い吉野間道を、よりモダンで洗練されたかたちへと昇華させた藤山千春さんの名古屋帯です。こちらは僅かに黄みを含んだ赤墨色が近いでしょうか、落ち着いた焦茶系の地に藍鼠や白鼠、鳩羽に桑茶、藍鉄などの静かな彩りが整然と織り込まれたお品。絹糸の光沢が際立つ端正な織りが、一つ一つの色の美しさを余すところなく引き出していますね。ドレッシーな紬、小紋、軽めの付下げなど合わせる着物を問わず、様々な場面で作家作品ならではの上質な存在感をお楽しみ頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る