室町期より御寮織物司として宮中の装束などを手掛けてこられた紋屋井関さんは、今も西陣屈指の歴史を誇る名門機屋として、格調高い上質な帯をつくり続けておられます。こちらは極上の素材を惜しみ無く用いた最高級の帯として知られる御寮織。経糸には黒の絹糸を、緯糸には金や漆の平箔糸や撚糸にふっくらとした絹の色糸を用い、気品豊かな唐花唐草文が表現されています。同じ金の箔糸にも様々な色みが使い別けられており、贅沢な糸と高度な技術から生まれた典雅な景色に御寮織らしい重厚な存在感が感じられますね。華やかな社交着はもちろん、上質な紋付色無地などに合わせて帯を引き立たせる装いも素敵です。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る