青藍色と紺藍色の中間が近いでしょうか。紫と青が溶け合う個性的な彩りを背景に正倉院裂としても名高い葡萄唐草文を置き、重ねて二色の金糸を用いた華麗な唐花をゆったりと配した袋帯です。大らかで重厚感のあるモチーフをモダンな色と大胆な構成で表現したお品、ニュアンスのある色と上代裂特有のエキゾティックな趣きはどこか洋の雰囲気を漂わせ、ホテルのパーティなど広い空間でも一際美しく映えそうですね。こちらは西陣の老舗機屋・川島織物さんの作、しなやかな締め心地や美しく整うお太鼓のかたちが、素材の良さや確かな技術を物語ります。紋付や訪問着などフォーマルな装いをしっかりと受け止めてくれる川島さんの帯、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る