古くから貢納布制度により磨かれた技術から生まれる沖縄・石垣島の八重山上布は、宮古島の上布と共に手仕事の贅を尽くした夏織物として知られています。白上布の名の通り、かつては白地に捺染が殆どであった八重山上布ですが、現在では豊富な植物染料と手括りによる多彩な染めによって、各地の上布の中でもとりわけ瑞々しい魅力ある作品が制作されていますね。こちらは生成色の地に藍色の絣縞が軽やかに走る名古屋帯。シンプルな竪絣の縞を数本並べて象られた優しい花のようなかたちや、僅かに添わせた明るいグリーンのグラデーションが、透明感のある美しい景色を創りだしています。上布や夏紬に合わせて街を歩けば、着る人の心も八重山の空のようにからりと晴れわたりそうですね。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る