日本工芸会正会員として活躍なさる平山八重子さんの作品から、白茶色や亜麻色、黒橡色や樺色などが創る縞や微塵の格子を精緻な吉野織に挟んだ、端正な景色の九寸名古屋帯です。繊細な金糸の煌めきや蘇芳の赤が絶妙な配分で添えられており、紬織りの範疇をひらりと飛び越えた、格調高くエレガントな表情に圧倒されますね。光沢感のあるドレッシーな織りの着物や個性ある作家作品などとの相性は抜群ですし、どのような着物と…あれこれ試したくなってしまう、素敵な可能性を感じさせてくれます。現在活躍していらっしゃる紬織作家さんは、人間国宝・宗廣力三さんのご指導の下、郡上工芸研究所で学ばれた方が少なくありませんが、その方々の作品からは作家さん独自の卓越した才はもちろんのこと、厳しくも廉潔な生活の中で宗廣さんから受け継がれた、お仕事への誠実な姿勢が真っ直ぐに伝わってまいります。ご紹介の機会も少ないと思われる特別な一点、ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る