銀座【着物2699】浦野理一作 経節紬 灰梅色 無地

浦野理一さんの代表作の一つとして良く知られる経節の紬は、真綿から丹念に手でつむぎ出される節のある太糸を経緯に用いて織り上げられています。野趣豊かな糸の味わいをそのまま生かしたこの織物は、糸作りのみならず製織も難しく、その仕事は伝えられることなく生産が終わっていますが、のこされた布は今も新鮮な輝きで私たちを魅了しますね。今回ご紹介する着物は灰梅色が近いでしょうか、やや灰みを帯びた極淡いピンク系の無地の紬です。控えめながら上品な華のあるお色目のお品、これから明るさを増してゆく春の陽差しの下、選び抜かれた絹の光沢と共に輝く澄んだ彩りの美しさがさぞや目を惹くことと思います。格高の帯を合わせれば少し改まった場面にもお召し頂ける上質な無地紬は、一枚ご用意頂くととても重宝なもの。出番も多いだけにやはり納得のゆくものをお選び頂きたいですね。どなたにもきっとご満足頂ける浦野さんの名品、ぜひこの機会にご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2698】浦野理一作 経節紬 反物 藍色 縞

日本各地に伝わる染織品やその技法についての深い理解を基に、ご自身の感性と妥協のない手仕事によってその一つ一つを贅沢なかたちで蘇らせた浦野理一さん。この方が遺された着物や帯は、生産が終わって久しい今も多くの方に愛され続けていますね。中でも真綿から手でつむぎ出した太糸を手機でしっかりと織り上げた紬の数々は素朴な糸味が実に趣深く、紬織物の原点を思わせるどっしりとして温かな存在感に心惹かれます。こちらは経糸には藍色と白色を、緯糸には薄藍色の糸を配した縞紬の反物。色数を抑えた藍系の細縞はきっぱりとした表情が清々しく、また粋になりすぎませんので、着る方や年齢を問わず長くお楽しみ頂けますね。例えば同じ浦野さんの無地の経節の帯を合わせるとしても、どのようなお色目もすっと受け止めてくれそうです。鋏が入っていない状態で保管されていた稀少なお品、ぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2697】日本工芸会正会員 藍田愛郎作 江戸小紋 檳榔子染色 割付小花 (落款入・端布付・三越扱い)

檳榔子染色が近いでしょうか、灰みがかった焦茶系の地に、極小さな小花文が整然と並べられた江戸小紋です。こちらは日本工芸会正会員として活躍なさる藍田愛郎さんの作品、愛郎さんは先年亡くなられた江戸小紋の第一人者・藍田正雄さんの後継者としてその高度な技術を引き継ぎ、確かな仕事を重ねておいでです。こちらもこの方の熟練の技が冴える一点、渋みを効かせた深い色に僅かな乱れもなく浮かぶ文様…その端正を極めた景色に圧倒されますね。男物でも通用するような色柄が女性のたおやかな美しさをより際立たせてくれるお品、帯合わせも様々に凛として気品あふれる装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2696】千總製 訪問着 水柿色 御所解文 (落款入・松坂屋扱い)

水柿色が近いでしょうか、淡く優しいサーモンピンク系の地に繊細な友禅に刺繍を添えて、見事な御所解文様が表現された訪問着です。波や霞を背景に菊花や桜、牡丹に萩、楓に橘など四季折々の花木が妍を競うお品、柔らかなお色目ながら正統派古典ならではの重厚な美しさを備えた、力ある社交着ですね。こちらは創業460余年を誇る京友禅の名門・千總さんの作、どのような場面でも自信を持って臨んで頂ける気品あふれる存在感は、やはり古典を知り抜いた指折りの老舗ならでは…大切なお呼ばれやお祝いのパーティなどにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2695】本場久留米絣 藍×茶 絣縞 (反端証紙付・青山八木 畳紙付)

鉄黒色、朽葉色に黒に近い濃藍色の不規則な縞を置き、更に経糸緯糸に色糸を添えた極細かな絣を重ねた本場久留米絣の着物です。緯糸には黄唐茶色、経糸には薄藍や練色の絣糸を添えることで、遠目からは無地感覚ながら実に複雑で奥行きのある景色が生まれていますね。細い上質な木綿糸を用いていますので、薩摩絣を思わせるような薄手でとてもしなやかな風合いです。工芸色が光る作家作品など力ある帯もしっかりと受け止めてくれる存在感を備えたお品、シックな表情と相俟って、洗練された大人のカジュアルスタイルをお楽しみ頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る