銀座【着物3727】小紋 赤白橡色 葵散らし(畳紙 余り布付)

赤白橡色が近いでしょうか。灰みをやや強めた落ち着いた橙色系を背景に、典雅な葵の葉がはらりと散らされた小紋です。特徴ある円みを帯びた葉には海松色や土器色、黄橡色などの彩りと共に染疋田やほっそりとしたカチンの筆が添えられており、上品な華と女性らしい甘さが程良く香る優美な趣きの一枚ですね。こちらは銀座の老舗呉服店・志ま亀さんの作、オリジナルとして自社工房で染め上げられる着物や帯は、こっくりと深みのある色遣いや気品豊かな意匠に独特の個性があり、古典美を備えつつも洗練された遊び心を感じさせるお品の数々は、とても多くの方から愛され続けています。帯次第では少し改まった場面にも対応できる格調を備えていますので、街着からお稽古、ちょっとした集まりなど様々なお席で活躍してくれることと思います。ぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3726】郡上紬 紫×緑 格子暈かし

深紫色から鳩羽色へのグラデーションに深い緑を絡めた、格子暈かしの郡上紬です。様々な色が溶け合い、響き合って幻想的とも言える美しい景色が生み出された一枚。最近ではあまり見かけなくなりましたが、この格子暈かしは郡上紬の中でもとりわけ女性らしい華やかさを感じさせますね。光を受けて輝く草木染めによる色の美しさは、この紬の最たる魅力。ここまで繊細な彩りの階調を自在に使いこなす織物は、こちらの紬のみと思います。経糸は玉繭から引いた節のある玉糸を、緯糸は選び抜いた春繭の本真綿から手で紡いだ糸を用い、高機で織り上げられる郡上紬。紬織の人間国宝 故 宗廣力三さんが大変な苦労を重ねて育て上げた織物は、一見素朴な表情ながら、この上なく丁寧なお仕事が積みあげられた贅沢なお品です。残念ながら現在は既に生産も止まっていると聞いております。心に響くお品に出会いましたら、ぜひお手元にお呼び下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3725】本場結城紬 枯野色 南天散らし(反端 証紙付)

枯野色がちかいでしょうか。柔らかなグレージュ系を背景に、藍色に暗い赤、辛子をきかせて、小さな実を付けた葉模様が散らされた本場結城紬の着物です。乱れ無くかちりと合わせられた亀甲絣に、制作に関わった作り手さんの高い技量がうかがわれるお品。南天と思われる植物もすっきりとモチーフ化されていますので、季節を問わずお召し頂けることと思います。本場結城紬は真綿から人の手でゆっくりとつむがれた特別な糸を経緯に用い、熟練の技術を持つ方々の手間暇を惜しまぬ丹念な手仕事によって生み出される贅沢な織物。あらゆる工程で大切に慈しまれた布には、軽く柔らかく奥深い光沢を備えた絹という素材の素晴らしい特質がそのまま引き出されていますね。着る人を暖かく包み護ってくれる極上の一枚、控えめな色柄ですので合わせる帯を選ばず、どなたにもさらりと着こなして頂けることと思います。ぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る