銀座【着物3562】上布 生成色 蚊絣

生成色が近いでしょうか、ほんの僅かに黄みを帯びたオフホワイトの地に黒の経緯絣で、一面にごく細かな蚊絣が織り出された上布の着物です。経糸緯糸共に紡績の苧麻糸が用いられており、ひんやりとした手触りや良く風を通す程良い張りなど、この素材の特質が盛夏の暑さをすっと和らげてくれる、清涼感あふれるお品ですね。シンプルな白地の蚊絣はお召しになる方や年齢を問わず、帯合わせも自在にお楽しみ頂けます。また紡績糸使用ですので丈夫で扱い易く、初めて上布をという方にも気軽にお召しいただけますね。産地に繋がる情報はございませんが、手機による精緻な絣は越後など確かな技術のあるお品と思われ、きちんとした手仕事を重ねてつくられたものならではの、上質感のあるカジュアルスタイルをお楽しみ頂けることと思います。白い上布に日傘の装いは、日本の夏の風物詩。ぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3561】米沢新田製 着物「紅重ね太子間道」(反端 証紙付 胴抜き仕立て )

経緯糸に用いたこっくりとした黄色の濃淡色と灰桜色を不規則な格子状に配し、所々薄墨色を横段に添えた胴抜き仕立ての紬着物です。平織によろけ織を取り入れることで美しい彩りをのせた縞が緩やかに揺れて、より柔らかく優しい景色が生まれていますね。こちらは紅花を始めとする草木染めの上質な紬の織り元として知られる、米沢の新田工房さんの作。お得意とする紅花染による明るい黄色と可愛らしいピンクの二色の朗らかな格子が、着る人を爽やかに引き立ててくれることと思います。ぎりぎりまで裏地を省いた胴抜き仕立てですので、昨今の気候ではより長い期間活躍してくれそうですね。上質な真綿糸ならではの軽くふっくらとした風合いを実感いただける着心地良い一枚、秋の陽に映える心弾む装いをお楽しみくださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3560】本場結城紬 単衣 利休茶色 横段模様(反端証紙付)

やや彩度を落とした利休茶色が近いでしょうか。穏やかな灰みのベージュ系の地に江戸鼠色と黒の横段を置いた、とてもシンプルな本場結城紬の単衣着物です。亀甲絣などとはまた趣きの異なる景色は落ち着いたお色目とも相まって、とてもすっきりとモダンな雰囲気。季節の染め帯から工芸の色濃い織り帯、個性の強い作家作品などどのような帯もさらりと受け止め、お召しになる方や年齢を問わず、どなたにも気負いなく着こなして頂けそうですね。本場結城紬は、経緯に用いられる手つむぎの糸づくりから染め、織りまでの数多くの工程でそれぞれ手間暇を惜しまぬ熟練の職人さんの手を経て生み出されます。真綿の特質をそのまま残したふっくらと柔らかく優しい着心地は、たくさんの方の丹念なお仕事が積み重ねられてこその恩恵ですね。軽くしなやかな風合いは、単衣でお召しいただけばよりうれしく実感いただけることと思います。長くご愛用いただける一枚、ぜひこの機会にご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る