銀座【着物3263】訪問着 卵色 霞に秋草の図 

少し彩度を落とした卵色の地に緩やかに流れる青白橡色の霞、重ねて桔梗に撫子、菊花に女郎花、萩に牡丹などの愛らしい草花が配された訪問着です。お顔写りの良い地色から朗らかに浮かび上がる花々の微笑ましい表情に、女性らしい上品な甘さが香るお品、社交着らしい華を備えつつも主張しすぎない優しい景色は、どなたからも好感度が高く、様々な場面で活躍してくれそうですね。秋深まってゆくこれからの季節、風情豊かな着こなしをお楽しみくださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3262】人間国宝 小宮康孝作 江戸小紋 訪問着 (落款入)

江戸小紋の重要無形文化財保持者 小宮康孝さんの作品から、路考茶色を地色に枯木立の風景を配し、更に鮫小紋柄を染め重ねた訪問着です。葉を落とし、次の季節を待つほっそりとした木々の枝、その間を小さな鳥が飛び交う清澄な世界が、抑えた色調で静かに表現されていますね。こちらの手法を用いた小宮さんの作品は、ふんわりと紗をかけたような独特の景色がとても印象的。細かな白い珠を載せることで点描のように色柄が溶け合い、実に柔和な表情が生まれています。円熟の技が冴える風情豊かな一枚、友禅の華とはまた趣きの異なる、凛として気品に満ちた社交の装いをお楽しみくださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3261】本場結城紬 藍鉄色 無地 (反端 証紙付) 

明度を落とした藍鉄色が近いでしょうか。暗い灰みと青紫みが溶け合うシックな彩りの無地紬です。こちらは真綿から人の手で撚りをかけずに丁寧につむぎ出した手紬糸を経緯に用い、高機で織り上げられた本場結城紬のお品。熟練の技術を持つ方々の手で長い時間をかけて制作された贅沢な織物は、一見素朴な表情ながら、本結城の糸ならではの特別な軽さや暖かさを備え、着る人を優しく包んでくれます。上質な無地紬は合わせる帯次第で街着から少し改まった日の装いまで着用の機会も多く、現代ではワードローブに欠かせない一枚となっていますね。出番の多い着物だけに糸質や織り、着心地などにも拘りたいものですが、本場結城紬ならばきっとどなたにもご満足頂けそうです。こちらのような濃いお色目はこれからの季節にとりわけしっくりと似合いそうですね。季節の染め帯などを合わせて気軽な街着に、また金糸が目立たない袋帯で気の張らないお茶の会など、様々な場面でお楽しみくださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る