銀座【着物2819】大島紬地 汕頭刺繍 単衣 着物 (反端証紙付)

細かな小格子の入った白の大島紬地に淡いブルー系の暈かしと共に仄かに花唐草を浮かべ、精緻な汕頭刺繍による装飾文を重ねた単衣の着物です。明るい陽差しに映える爽やかな色遣い、光沢のあるさらりとした大島の質感、そしてドロンワークによるレースのような涼やかな景色が清々しいお品、社交着のような華やいだ存在感を備えながらも、帯合わせ次第でちょっとしたお出かけやお食事会など、様々な場面でお楽しみ頂ける軽やかさがうれしいですね。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2818】本場夏結城 黒色 水紋 (反端付)

黒色の地に小さな亀甲絣を並べて、水紋を思わせるシンプルなモチーフが表現された夏結城です。一般的に夏結城と称されるお品は数種類あり、越後地方(十日町)で製織される強撚糸を用いたものが多く流通していますが、ごく一部には本場結城紬と同様に本場結城紬卸商共同組合員の手を経た製品がございます。こちらは奥順さんの企画制作により、緩く撚りを掛けた手つむぎの真綿糸を用いて手機で織り上げられた本場夏結城。程良い透け感がありさらっとした肌触りが爽やかな、独特の布味を備えた着物です。ふんわり柔らかな地風には、強撚糸とはまた異なる真綿糸ならではの優しい温かみがあり、盛夏というよりは単衣の季節にぴたりと寄り添ってくれそうですね。帯合わせを選ばない着回しの利く一点、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2817】白山工房製 本場牛首紬地 小紋 (反端証紙付) 

生成色が近いでしょうか、やや灰みを帯びたオフホワイトの紬地に鶸茶や虫襖色、利休白茶、樺茶に藍墨茶、源氏鼠など落ち着いた色を細やかに用いて、抽象的な植物文が表現された小紋です。静かな彩りが穏やかに溶け合うお品、動きを感じさせる個性的なモチーフからは風に揺れる草花のざわめきが聞こえてくるようですね。こちらは玉繭からのべ引きした稀少な糸を緯糸に用いて、手機で丹念に織り上げられた白山工房製の牛首紬を染め下地に使用しています。小さな節があちこちに顔を覗かせる表情豊かな牛首紬は、釘抜きとも呼ばれる堅牢さを備えており、程良い張りのある軽くしなやかな風合いは、着心地の良さでも定評がありますね。紬ながら程良い光沢のあるドレッシーな質感ですので、帯合わせ次第で様々な場面で活躍してくれそうです。小紋らしい洒落みあふれる一枚、どうぞお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る