銀座【帯3069】しな布 八寸名古屋帯 (布四季庵ラベル付) 

しな布は縄文期までその歴史を遡ることができる古代布の一つ。現在では山形県や新潟県の一部で僅かに織り継がれている稀少な織物です。しなの木の硬い樹皮を長い時間と手間をかけて糸に績み、織り上げる布は丈夫で水にも強く、さっくりとして野趣豊かな布味は夏の帯地としてもとても魅力的ですね。こちらは糸そのもののナチュラルなベージュひと色のシンプルな無地の八寸名古屋帯。合わせる着物の色柄を選ばず、上布や夏織物、よそ行き浴衣など幅広い装いに重宝にお使い頂けることと思います。着物雑誌にも良く登場する米沢の布四季庵さんのお品、どうぞお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3068】西陣 桝屋高尾製 ねん金綴錦 袋帯 段霞文 (西陣証紙付)

西陣の名門機屋・桝屋高尾を率いる高尾弘さんの代表作、ねん金綴錦の袋帯です。ねん金綴錦には真綿の糸に金箔を巻き付けた特殊な素材が用いられており、複雑で重厚な輝きと共に真綿の軽やかな風合いを併せ持つ独特の質感の帯として高い評価を得ていますね。今回のご紹介は、無地感覚でお使い頂けるベイシックな段霞文。経糸に用いられた浅縹色や薄青色が金糸の煌めきにほんのりと色を重ねる景色がとても清々しく、心洗われるような澄んだ彩りが晴れやかなお席で一際引き立つことと思います。着物の柄を選ばず、帯留めなどの背景としても使いやすいお品、改まったお席やパーティなどで重宝にお使い頂けそうですね。上質なフォーマル帯をお探しの方、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3067】西陣 織楽浅野製 名古屋帯 白色 工字繋ぎ (西陣証紙付)

古典を基調としながらも、現代の空間にすっきりと映えるモダンな帯づくりで知られる西陣の機屋・織楽浅野さんのお品から、白と銀糸で工字繋ぎが整然と織り出された名古屋帯です。清々しい白糸と銀糸のみの表現で文様をくっきりと浮かび上がらせたお品。6cm程の間隔で文様部分にも銀糸を効かせることでシンプルな景色にリズムが生まれています。無彩色に近い色遣いに金銀を添わせた洗練された景色は、織楽浅野さんのお得意とするところ。合わせる着物の色柄を問わず、艶感のあるドレッシーな織りから軽い付下げなど幅広い装いを、凛と引き締めてくれそうですね。ぜひお手に取ってその端正な表情をご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る