銀座【帯3458】国指定重要無形文化財 喜如嘉の芭蕉布 八寸名古屋帯 (証紙付・工芸 芥川 畳紙付)

国指定の重要無形文化財 喜如嘉の芭蕉布の名古屋帯です。戦争で一時は生産が途絶えましたが、平良敏子さんを中心とする方々の尽力で見事な復興を遂げた沖縄の至宝、すっと風を通す独特の強い張りや野趣豊かな表情に、南国の風土に生まれ育った布ならではの力強い個性が光ります。こちらは網代のような織地に花織が重ねられたヤシラミー花織の八寸。琉球藍や車輪梅のみならず、様々な植物染料による彩りを取り込みながら立体的な織りが施された手の込んだお品です。糸芭蕉を育て、糸を績み、布のかたちにする工程だけでも、気の遠くなるような労力を要する芭蕉布づくり…その技術を守りつつ、更なる美しさの可能性を探り続ける作り手さんによって、現代の芭蕉布がより洗練され、進化していることを感じます。芯の入らない芭蕉布の八寸は、夏帯としてこの上ない涼やかさを運んでくれます。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3457】西陣 河村織物製 絽 袋帯

薄卵色が近いでしょうか、やや赤みを帯びた淡いベージュ系の絽綴れの地に、精緻な織りで樹下双鳥文や華文などを亀甲型に配した夏の袋帯です。淡彩の地に金銀糸のみの表現が涼しげなお品、重厚な上代の文様が夏の盛装をしっかりと受け止め、格調高く引き立ててくれることと思います。こちらは手織りに拘るがために、早い時期から海外での生産体制の整備や技術者の育成にも取り組み、手機ならではの質の高い帯を制作なさってこられた西陣の名門・河村織物さんの作、長くお締めになられても疲れない、とても軽くしなやかな風合いのお品です。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3456】絽綴 袋帯 練色 刺繍 華文

淡い亜麻色が近いでしょうか、薄いベージュ系の絽綴れ地に金銀と白のみの刺繍で蜀江錦文や花兎文、花唐草や華文などが帯状の場を取って表現された夏の袋帯です。正統派古典意匠の格調と金銀を主調とした色遣いの晴れやかさが、フォーマルのお席に相応しい華やかな存在感を見せてくれるお品、合わせる着物の色柄を選ばず、また夏の紋付きや訪問着などの装いに合わせて、どのような場面でも安心してお使い頂けることと思います。お探しの方、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る