銀座【着物2553】日本工芸会正会員 真栄城興茂作 琉球美絣 木綿着物

日本工芸会正会員・真栄城興茂さんの作品「琉球美絣」木綿着物です。父母である真栄城興盛さん・喜久江さんから興茂さんへと引き継がれた琉球美絣は、自ら藍を育て泥藍をつくるところから始まる、ひたすら時間と手間をかけた丹念なお仕事によるもの。冴え冴えとした見事な藍の色は、真栄城さんの藍への惜しみない愛情から生まれたものなのですね。こちらは濃藍の濃淡の細縞とグラデーションが美しい横段模様、更に小さな絣をほんのりと浮かべたお品。琉球美絣ならではの澄んだ藍色のバリエーションを駆使したモダンな景色が実に爽やかですね。綿薩摩を思わせるような薄手でしなやかな風合いは、秋口にはとりわけ心地良くお召し頂けそうです。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2552】ざざんざ織 単衣着物 (余り布付)

一般的な紬織に用いる糸の4倍程の太さに撚り合わせた極太の玉糸を、手機で丹念に織り上げるざざんざ織は、着込む程に身体に馴染む風合い豊かな紬です。どっしりとした布味は厚手ながらしなやかに身体に寄り添い、また単衣仕立てでも真冬も充分暖かくお召し頂けます。こちらは緯糸には墨黒、経糸には千草鼠や虫襖などの緑系の糸と墨黒を縞に置いたお品。無地と微塵縞で更に大きな縞を象った大胆な構成、ざざんざらしい渋みのある色遣いがとてもモダンな景色をつくっていますね。どのような帯もしっかりと受け止めてくれる力のある布、ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2551】白山工房製 本場牛首紬地 訪問着 (端布証紙付・しつけ付)

薄梅鼠色が近いでしょうか、灰みを帯びた極淡いピンクベージュ系の地に様々な幾何文を切嵌めのように寄せたモダンな訪問着です。細い縞をアレンジしたシャープなモチーフですが、滅紫や葡萄茶、潤色や柴染など地色にすっと溶け込む穏やかな色遣いが優しく、どなたにもさらりと着こなしていただけそうですね。こちらは玉繭からのべ引きした稀少な糸を緯糸に用いて、手機で丹念に織り上げられた白山工房製の牛首紬を染め下地に使用しています。小さな節があちこちに顔を覗かせる表情豊かな牛首紬は、釘抜きとも呼ばれる堅牢さを備えており、程良い張りのある軽くしなやかな風合いは、着心地の良さでも定評がありますね。染め織り共に丁寧な仕事が施されたお品、程良い光沢感のあるドレッシーな印象ですので帯合わせも幅広く、ちょっとしたお出かけから軽いパーティなど様々な場面で重宝頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2550】単衣 訪問着 水柿色 花の菱文 (しつけ付)

水柿色が近いでしょうか、こっくりと深みのあるサーモンピンク系の地に竹や牡丹、菊花や楓などを菱型の唐草文の中に配した単衣の訪問着です。春秋の単衣時期には何かとお呼ばれなども多いもの…どのような場面にも安心な社交着を一枚ご用意頂くとなにかと重宝かと思います。折々の花をモダンにアレンジした女性らしい色柄のお品、改まったお席や華やかな会などに相応しい気品豊かな装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2549】薩摩絣 練色 麻の葉文 (しつけ付)

練色が近いでしょうか、僅かに黄みを帯びたオフホワイトの地に、僅かに緑みを帯びた御召茶の糸による亀甲絣や蚊絣で麻の葉文が表現された薩摩絣の着物です。極細い番手のエジプト木綿糸を用いて手機で丹念に織り上げられる薩摩絣は、木綿織物の最高峰として名高い布。滑りが悪く湿度でも狂いが出やすい木綿糸の難しさを、東郷織物の永江明夫さんが長年の研究の末に乗り越え完成させた織物で、木綿の認識を覆すような滑らかな風合いと洗練された表情で私たちを魅了します。きりりとした表情の正藍染の綿薩摩もすばらしいものですが、白薩摩には木綿らしい温かみがより色濃く表れているように思います。極上の質感と端正な絣に、贅沢に手を掛けられた織物ならではの風格が滲むお品、ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る