銀座【帯3097】西陣 白綾苑大庭製 袋帯

西陣の名門機屋・白綾苑大庭さんのお品から、ほんのり芝垣文が浮かぶ榛色の地に、折々の花木などを詰めた大胆な笹文が華やかに表現された袋帯です。選び抜かれたそれぞれの色の美しさもさることながら、個性ある様々な彩りが見事な調和を見せる景色に、白綾苑大庭さんならではの美意識が光ります。色数を抑えたシンプル志向の昨今、こちらのような攻めの色構成はとても新鮮ですね。優雅で古典的な格調と共に確かな存在感を備えたお品、改まった場面やパーティなどのお席でもすっと目を惹く、垢抜けた装いをお楽しみ頂けることと思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3096】琉球花織 名古屋帯

やや黄みを抑えた路考茶が近いでしょうか。落ち着いたベージュ系の紬地に光沢ある太糸でモダンな幾何文が表現された手花織の名古屋帯です。沖縄には各地に花織が伝えられており、技法が重なる部分もあるため断定はいたしかねますが、こちらは首里花織でしょうか。絣や浮花織を併用せず、手作業で色糸を縫い取るように織り込んでゆく手花織のみで、すっきりと幾何文が表現されています。ふっくらとした糸がつくる立体感のある景色を、地色に馴染みの良い落ち着いた彩りが趣豊かに引き立てるお品、紬や木綿などの装いに洗練された工芸の色を添えてくれることと思います。秋口からのお出かけにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3095】国画会 柚木沙弥郎作 紬地 型絵染名古屋帯 (自由が丘扇屋 畳紙付)

染色のみならず、様々な素材や媒体を通じて朗らかにご自身の世界を表現する国画会の重鎮・柚木沙弥郎さんの作品です。こちらは錆鼠色が近いでしょうか、灰みの強い暗い青系の紬地に僅かに茶みを帯びた黒を効かせて、蓮の花実が表現された型絵染の名古屋帯。くっきりと浮かぶ大らかな花や実のかたちには、所々仄かな赤みが優しい宗伝唐茶が重ねられており、見る人の目を捉えて放さない力強い景色がとても印象的です。この方が描くモチーフは、動物も植物も実に生き生きとして楽しげですね。ぜひお気に入りの紬に合わせて、柚木さんらしい鮮やかな個性をお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る