銀座【着物3208】八重山上布 着物 (反端 証紙付)

沖縄の石垣島で織り継がれている八重山上布は、宮古島の上布と共に貢納布としての歴史に磨かれた技術が生きる上質な麻織物です。白地に薄茶の絣に代表される白上布として知られていましたが、近年では島に自生する豊富な植物染料にも再び目を向けられるようになり、より豊かな表現が広がっていますね。こちらは灰白に白茶、枯草色や明度を落とした赤白橡色が近いでしょうか。紅露や福木、しいの木などから得た明るい彩りを美しい縞と絣に置いた着物。経糸には紡績の苧麻糸、緯糸には手績みの苧麻糸が用られていますが、越後や宮古と比較しますとやや太めの糸がつくる景色はさっくりとして野趣があり、カジュアルな表情はどなたにも親しみ易いことと思います。肌に付かない強めの張りが涼しく風を通し、着る人を酷暑から護ってくれるお品、清々しく朗らかな夏の装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3207】荒木みか作 上布 着物 (反端付)

やや明度を落とした亜麻色が近いでしょうか、オイスター系の地に黒橡色や藍色、こっくりとした黄色の不規則な横段を置いた上布の着物です。作り手の荒木みかさんは石垣島で上布を学んだ方とのこと。こちらも経糸には紡績の苧麻糸、緯糸には手績みの苧麻糸を用い八重山上布の手法によって織り上げられています。糸染めも藍や福木、あかりふあ、よもぎなど草木によるもの。越後や宮古と比較しますとやや太めの糸がつくるジュアルな表情も八重山上布の魅力、加えてナチュラルな色遣いによる程良い野趣のある景色に作り手の個性が光っていますね。肌に付かない強めの張りが涼しく風を通し、着る人を酷暑から護ってくれることと思います。この夏のお出かけにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3206】石川県指定無形文化財 能登上布 亜麻色 十字絣 (畳紙 反端 証紙付)

古来上質な苧麻糸の産地として知られる石川県の能登地方では、江戸期より布の生産が始まり、明治期以降には「能登上布」の名が上質な麻織物として全国に知られるようになりました。隆盛を誇った能登上布ですが、現在では羽咋市の山崎仁一さんの工房ただ一軒が残るのみとなっています。こちらはその山崎さんの工房の作、色を薄めた亜麻色が近いでしょうか、ごく淡いベージュ系の地に黒に近いほどに色を深めた藍色で十字絣を整然と並べたお品。能登上布らしい精緻な技術を活かしたシンプルな着物です。ひんやりとした手触り、風を通す程良い張りが盛夏にも快適な着心地を約束してくれる一枚、経糸緯糸共に紡績の苧麻糸(ラミー) を使用していますので、とても丈夫で扱い易く、初めて上布をという方も気軽にお楽しみ頂けます。どうぞお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る