銀座【着物2591】銀座志ま亀製 小紋 橙色 丸紋散らし (畳紙付)

橙色が近いでしょうか、心弾むような明るい朱系の時に鈴や束ね熨斗、分銅や松梅などをころんと大小の丸文のかたちで散らした小紋です。こちらは銀座の老舗呉服店・志ま亀さんの作、志ま亀カラーと呼ばれる選び抜かれた個性豊かな色遣い、格調を備えながらもどこか可愛らしさや洒落みが光る洗練された柄ゆきの着物や帯は、その殆どが自社工房のオリジナルとして製作されていますが、今回のご紹介もそんな志ま亀さんらしい一点ですね。祝意のあるモチーフで、気軽なお出かけから帯次第では華やかなお席にも対応できる存在感がありますので、十三詣りの祝着としてお使い頂いても素敵ですね。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2590】京都 に志田製 飛び柄小紋 (畳紙付)

色を薄めた銀煤竹色が近いでしょうか、こっくりとしたベージュ系の地に菊や楓・梅の飛び絞りを散らした優美な趣きの小紋です。絹の光沢と共に楓唐草や菊唐草の菱が浮かび上がる上質な綸子が用いられたお品。控えめな柄の一つ一つに実に丁寧な仕事が為されており、疋田を詰めた江戸茶や黄唐茶・萌黄の美しい絞りが創る景色には、無地感覚ながらはんなりとした晴れやかさを感じます。気品ある柄構成や吟味された上品な色遣いに洗練が香る、京都の名店・に志田さんならではの一枚、帯次第で気軽なお出かけから少し改まったお席まで、様々な機会に活躍してくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3140】人間国宝 喜多川俵二作 名古屋帯

父である平朗さんの技術を引き継ぎ、「有職織物」の重要無形文化財保持者として気品豊かな作品の数々を制作なさった喜多川俵二さんの織名古屋帯です。こちらは小葵文が浮かぶ青丹色の地に、浮線綾文が重ねられた二陪織物。ふっくらとした絹糸の光沢、滅紫色や江戸茶などの深い彩りと共に浮かび上がる典雅なモチーフから、有職織物らしい雅な華が香り立ちます。公家文化の中で洗練を極めた様式美を今に伝える清々しいお品、名古屋帯の形ですが格としては袋帯に準じてお使い頂けそうですね。改まったお出かけやお茶の席の装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3139】龍村平蔵製 本袋帯 銘「名物大鶏頭金襴」

西陣を代表する機屋として知られる龍村美術織物さんのお品の中でも、龍村錦帯の名で扱いも高島屋各店に限られる帯の最高峰「龍村平蔵製」の本袋帯です。こちらは榛色が近いでしょうか、穏やかなベージュ系の地に金の平箔糸を用いて、名物裂として名高い大鶏頭金襴を表現した銘「名物大鶏頭金襴」袋帯。金襴の中でもとりわけ高い格調を備えたお品で、気品あるモチーフがすっきりと並ぶ端正な景色がとても清々しいですね。同じ裂地の復元は他にも数多く見られますが「龍村平蔵製」のお品はやはり別格の迫力があり、着物と合わせて頂けばその重厚な存在感、そして姿の美しさに驚かれることと思います。改まったお席の装いはもちろん、本結城など上等な無地紬に合わせて頂いても素敵ですね。贅沢な大人の装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3138】国画会 小島悳次郎作 紬地 型絵染 名古屋帯 (落款入)

型絵染の大家・故 小島悳次郎さんの紬地名古屋帯です。人間国宝の芹澤けい介さんに師事、国画会で長く活躍なさった方で、洋の東西を問わぬ芸術文化への深い造詣から生まれる力強い意匠を、独特の色彩感で表現なさいました。こちらは山吹色が近いでしょうか、明るいパンプキン系の紬地に、桜や牡丹・椿や菖蒲、沢潟など折々の花木を丸文に置き、細やかな割付文を重ねたお品です。以前ご紹介いたしましたこの方の作品はどれも、不思議な世界に迷い込むような物語性豊かな品々でしたが、こちらは少し趣きを異にしていますね。型絵染の原点に立ち返ったような景色に、どこか古紅型を思わせる素朴な魅力を感じます。今も多くの型絵染の作家さんが素晴らしい作品を制作なさっていますが、この方を超える個性にはなかなか出会えません。ご紹介の機会も少ない稀少な小島さんの作品を、ぜひこの機会にじっくりとご覧頂きたく思います。

この商品のONLINESHOPページを見る