銀座【着物2856】振袖 卵色 古代熨斗目文 (銀座ちた和扱い)

紗綾型の地紋が浮かぶ卵色を背景に糸目友禅と金彩、そして今ではなかなか見られない精緻な手刺繍や箔をふんだんに用いて、華麗な大熨斗目文をゆったりと表現した振袖です。松藤文や桜に割付文、菊花に切箔や楓文などを装飾的に散りばめた大熨斗目が遠目からもくっきりと際立っており、高度な技術を駆使した正統派古典意匠ならではの重厚な存在感が、若いお嬢さまの初々しい美しさを存分に引き出してくれることと思います。こちらは銀座の名店として長く贅沢な着物や帯を扱ってこられた、ちた和さんの誂え。上品な色遣いや迫力ある構成はもちろん、一つ一つの仕事の質の高さからもここまで手の掛かったお品はとても稀少です。どのようなお席にも安心してお召し頂ける格調高い逸品、ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2855】絽訪問着 藤色 唐花唐草文 (吉澤の友禅 紙札付) 

藤色が近いでしょうか、僅かに灰みを帯びた透明感のある淡い紫の絽の地にほんのりと浮かぶ白い霞、重ねて地色に溶け込む様な優しい彩りで唐花唐草がさらりと配された、涼感あふれる夏の訪問着です。モチーフを縁取るほっそりとした金彩やピンクやブルーの淡彩が控えめな華を添える、上品で爽やかな趣きの社交着、どなたにも気負い無くさらりとお召し頂けることと思います。盛夏の改まったお出かけにいかがでしょうか。新潟県十日町市で創業120余年を誇る老舗・吉澤織物さんのお品です。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2854】菱紋羅地 訪問着 紅掛花色 鳥に草花の図

紅掛花色が近いでしょうか、やや灰みを帯びた青紫系の羅の地に草花や鳥たちの姿が緩やかな渦を巻くように配された夏の訪問着です。古い臈纈を思わせる素朴な表現やエキゾティックな鳥たちの姿、そして端正な羅の清涼感…天平期の薄ものの面影をお楽しみ頂ける気品豊かな夏衣ですね。紋紗とはまた異なるしっかりとした張りのある質感は、身体から程良く離れ、涼しくお召しになれることと思います。抑えた色柄ながら格調の高さが光る爽やかな社交着、ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る