銀座【着物2548】本場結城紬 無地 桔梗鼠色 (しつけ付)

全体の色の印象はやや青みを強めた桔梗鼠色が近いでしょうか、経糸には銀鼠、緯糸には藍鼠の糸を用いて織り上げられた無地の本場結城紬です。こちらは真綿から人の手でつむぎ出された糸を経緯に用い、高機で織り上げられた本結城。無撚の糸独特のふっくらと軽やかな風合いがうれしいお品です。上質な無地紬は着心地の良さに加え、合わせる帯次第で街着から軽めのお茶席まで着用の機会も多くとても重宝なもの。それだけに糸質や織り、お色目などには拘りたいですね。こちらの本結城でしたら質感も着心地も申し分ありません。落ち着いた品の良いお色目は合わせる帯を選ばず、年齢層も幅広くお楽しみ頂けそうです。お探しの方、ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2547】結城縮「今幡部」単衣着物 (端布付・しつけ付)

本場結城紬卸商協同組合に正組合員として名を連ねる小倉商店さんでは、本場結城紬の生産に加えて、選び抜かれた真綿を用い工程の一部に動力を取り入れることで本結城に近い風合いを身近に楽しむことができる、「今幡部」というブランドの商品を世に出しておられます。こちらは練色の地に濃藍色の絣でシンプルな幾何文が織り出された「今幡部」の結城縮。緯糸には一段おきに強く撚りをかけた糸を織り込まれており、細かなシボから生まれるさらりとした風合いが独特の着心地を生むお品です。秋口に映える爽やかな色柄の一枚、単衣仕立てですので縮ならではの特質をよりはっきりと実感頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2546】紬地染小紋 鴇浅葱色 楓文 (銀座きしや扱い・端布・畳紙付)

鴇浅葱色が近いでしょうか、優しいピンクベージュ系の紬地一面に楓の葉が散らされた小紋です。女性らしい上品な甘さが香る柔らかな印象のお品ですが、上質な紬の質感や白い葉の中に所々顔をのぞかせるシックな茶鼠色が程良く景色を引き締め、着る方や年齢を選ばない落ち着いた魅力が生まれています。こちらは銀座を代表する呉服店として名を馳せた名店・きしやさんのお品、「きしや好み」と呼ばれた独特の洗練を感じさせるカラーが生きる、清々しい華のある装いをお楽しみ頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3093】屋富祖幸子作 本紅型 名古屋帯 (証紙付)

穏やかな白橡色の地に芒やツバメ、葦に桜などが染め上げられた本紅型の名古屋帯です。上へ下へと飛び交う愛らしいツバメや風に揺れる芒の様子が生き生きと表現された躍動感あふれる型が、シックな色遣いで力強く表現されていますね。抑えたトーンに美しい紫をすっきりと効かせたお品、沖縄の本紅型ならではの朗らかな個性が小紋や紬などの装いを楽しく引き立ててくれることと思います。こちらは那覇の「やふそ紅型工房」を主宰、伝統工芸士であり琉球びんがたの組合理事長でもある屋富祖幸子さんの作品、どうぞお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3092】西陣 川島織物製 本袋帯

やや色を薄めた白橡色が近いでしょうか、金の平箔糸を通した淡いベージュの地に入子の菱文、重ねて大らかな網代を詰めた四角形が整然と並べられた幾何文の袋帯です。華やかに煌めく金糸と共に上品な中間色を挿し色に用いたお品、シンプルながら洗練を感じさせる景色は合わせる着物を選ばず、改まったお出かけや晴れやかなお席に活躍しててくれることと思います。こちらは西陣の老舗機屋・川島織物さんの作、しなやかな本袋帯は締め心地やお太鼓のかたちの美しさでも定評がありますね。秋のお呼ばれにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る