銀座【帯3253】龍村晋製 袋帯「名物利休梅錦」(端布付)

初代龍村平蔵さんの三男・龍村晋さんの「名物利休梅錦」袋帯です。父平蔵さんの下で学び培った技術や感性を基に、芸術性のみならず実用性も考えられた帯としてこの方が制作した「傳匠名錦」シリーズは多くの方から高い評価を受けていますね。こちらはごく淡い亜麻色が近いでしょうか、ほんのりとベージュがかったオフホワイトを背景に、様々な彩りで利休梅を配した端正な名物裂写しのお品。橙や草色、浅縹や黄土色など華のある美しい色たちが、金糸と共に清々しい景色を創り出しています。金の分量は少なめですので、改まった日の装いはもちろん、格高小紋やドレッシーな織りの着物にも合わせて頂けそうですね。独特のしなやかな締め心地と共に、春を呼ぶ清澄な装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3252】西陣 河合美術織物製 袋帯

深い黒色の地に臥蝶の丸文や花文が整然と並べられた格調高い袋帯です。滅紫、白、麹塵など渋く抑えた彩りに贅沢に添えられた金糸が華やかに煌めくお品、気品豊かな有職文がフォーマルな場面に相応しく重厚に装飾されていますね。こちらは西陣の老舗機屋・河合美術織物さんの作、晴れやかなお席を彩る帯はとりわけお得意とするところ。紋付色無地から訪問着など改まった場面やパーティなどの装いを、上品に引き立ててくれることと思います。お茶の席や式典などにお使いになる帯をお探しの方、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3251】浦野理一作 経節紬 黒鳶色 無地 名古屋帯

無地ながら野趣豊かな糸味が美しい景色をつくる経節の帯は、浦野理一さんの代名詞ともいえる味わい深い織物です。私共でも長年様々なお色をご紹介してまいりましたが、浦野さんの厳しい眼を通したお色はどれもみな魅力的で、つい何色も揃えたくなってしまいますね。今回ご覧頂きますのは黒鳶色が近いでしょうか、やや紫みを含んだ焦茶系のお品。使い易い茶系ながら仄かに香る紫が上品な女性らしさを運んでくれますね。紬や小紋の装いを力強く引き立ててくれる名品、お気に召したお色に出会えましたら、ぜひお手元にお呼び下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3250】総刺繍 袋帯 藤煤竹色 雪輪文

やや紫みを明るくした藤煤竹色が近いでしょうか、金の箔糸を通した灰みの紫系の地に割付文を詰めた霞取り、重ねて雲取りや地紙取りなどと共に松竹梅や折々の花々を置いた雪輪文が配された袋帯です。繊細なモチーフは全て精緻な刺繍によって表現されたもの。一つ一つ丁寧に繍い取られ、金糸で縁取られた小さな花弁や葉、モチーフがお太鼓を埋めるようにふっくらと浮かび上がっています。所々に小さく効かせた深い赤や朱が、淡い彩りの景色を華やかに引き立てるお品、人の手と時間とを存分に費やした刺繍ならではの贅沢な存在感が、改まったお席やパーティなどの装いに良く映えることと思います。この機会にどうぞお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2682】染一ッ紋訪問着 虹色 扇に橘・菱文の図 (銀座きしや扱い・畳紙付)

虹色が近いでしょうか、光沢のあるコーラルピンク系の地に橘の枝や扇文、裾には繊細な菱文繋ぎを置いた染一ッ紋の訪問着です。摺疋田と金彩による細やかな文様が交互に置かれた優美な菱文、そして伸びやかな橘の枝に絡めた華麗な扇文、趣きの異なる二つのモチーフが互いを引き立てあう古典美あふれる一枚ですね。牡丹や梅・菊花に松など四季折々の花木がバランス良く配されていますので、お召しになる季節を選ばず、どのような場面でも好感度の高い格調ある装いをお楽しみ頂けます。こちらは銀座を象徴する名店として知られたきしやさんのお品、洗練された個性と確かな仕事ならではの上質感が、女性を品良く清楚に引き立ててくれることと思います。新年の改まったお出かけにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る