銀座【着物2832】ぎをん齋藤製 薄もの 付下げ 卵色 波に団扇

やや色味を抑えた卵色、洋の色名ではブロンドが近いでしょうか、柔らかな黄系を背景に揺らめく流水文、重ねて小さく銀糸の刺繍を添えて撫子や朝顔、波濤に槌車、摺疋田などを置いた団扇の図が配された夏の付下げです。季節感豊かなモチーフが夏ならではの風情を運ぶお品、はんなりとした優美な世界に暫し暑さを忘れてしまいそうです。京の名店として名高いぎおん齋藤さんならではの見事な表現ですね。こちらは単衣時期から夏を通して着用できる素材が使われており、絽や紗とは異なりますが、ほんのり柔らかな透け感があり、さらさらと手からこぼれるような質感は絽縮緬をさらに薄く繊細にしたような…触れていてとても心地良いお品です。やや軽めの夏の社交着としてパーティなどでも一際目を惹くことと思いますし、画像のような染め帯を合わせて頂けば、上品な洒落みと軽やかさが光る外出着としても様々な場面で活躍してくれそうです。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2831】樋口織工藝社製 小千谷縮 月うさぎ (証紙付)

紅掛花色が近いでしょうか、灰みを帯びた青紫系の地に兎や星、満ち欠けする月などが絣で表現された小千谷縮です。華のある女性らしいお色目を、渋めの錫色や鶸茶色が程良く落ち着かせていますので、幅広い年齢層の方にお楽しみ頂けそうですね。麻独特の清涼感、肌につかない細やかなシボ、そしてお手入れの気軽さからも、小千谷縮は身近な夏きものとして手放せないアイテムとなっています。こちらは日本工芸会正会員として活躍なさる樋口隆司さん率いる樋口織工藝社さんの作、縞や格子など気軽な普段着としての小千谷縮からワンランクアップした、上質感のある夏のカジュアルをお楽しみ頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2830】読谷山花織 着物 (証紙付)

柳茶色が近いでしょうか、やや灰みを帯びた黄緑系の地に同系色の縞を置き、青褐色と黄橡色の小さな星のような緯浮花織で繊細な幾何文が表現された読谷山花織の着物です。明治半ばに一旦は技術が途絶えたものの、のちに人間国宝となられた与那嶺貞さんを中心とする方々の手で見事な復興を遂げたこの織物は、丁寧な手仕事の温かみが光る沖縄の染織品の中でも、その可憐な美しさでとりわけ多くの方から愛されていますね。清涼感のある柔らかな彩りは全て草木による染めから得たもの。愛らしくも気品に満ちた精緻な織りの景色が、琉球王府の御用布としての歴史を静かに物語っています。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る