銀座【帯3122】西陣 今河織物製「木屋太」袋帯

西陣・今河織物さんのブランド「木屋太」の袋帯です。こちらは鈍色と消炭色を大きく横段に配し、それぞれに不規則な四角形を組み合わせたお品。通り沿いの建物を眺めているようなモダンな景色に木屋太の帯らしい個性が光っていますね。グレイを主調とした静かな色遣いは画像の白大島のような淡彩の着物にもすっきりと合いますし、黒や藍のような濃地の着物に合わせて頂けばぐっとシックな雰囲気をお楽しみ頂けそうです。上質な糸と確かな織りによるしなやかな締め心地も魅力の木屋太の帯、この機会にどうぞお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3121】たつむら製 本袋帯「エジプト段文」(N)

重厚華麗な帯づくりで知られる龍村美術織物さんのお品から、「エジプト段文」と銘された本袋帯です。やや色を薄めた榛色が近いでしょうか、黄みを帯びたベージュ系の紬地に細やかな織りで、コプト裂に材を取ったと思われる様々なモチーフが段替わりに配されています。なかなか見かけない龍村さんの紬地の洒落袋帯は、平蔵さんの甲比丹シリーズと同様に、紬地とはいえ高い品格や洗練された個性を感じさせるお品ばかり。本結城など上質な紬などに合わせて頂けば、落ち着いた雰囲気の中にも確かな力を備えた大人カジュアルをお楽しみ頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3120】西陣 河合美術織物製 袋帯

灰茶色が近いでしょうか、やや黄みがかった明るい茶色地にどっしりとした唐織で蜀江文を表現した袋帯です。こちらは華やかなフォーマル帯ではとりわけ評価の高い西陣の老舗機屋・河合美術織物さんの作、甘撚りのふっくらとした糸の質感や光沢を生かした織りは繍いと見紛う程のボリュームがあり、金糸を用いずとも晴れやかな装いに相応しい重厚感を備えています。茶系の濃淡に青丹や灰青、青鈍などを効かせた落ち着いた色遣いは、これからの季節により美しく映えることと思います。秋の改まったお席やお呼ばれにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3119】人間国宝 喜多川俵二作 名古屋帯

父である平朗さんの技術を引き継ぎ、「有職織物」の重要無形文化財保持者として活躍なさった喜多川俵二さんの作品です。こちらは細く金糸を通した薄卵色地に松に唐草、重ねて葡萄鼠や虫襖、遠州茶でふっくらと向かい鶴文を織り上げた「松鶴丸文」の名古屋帯。柔らかな背景色に上品な華を添える控えめな金糸遣い、落ち着いた静かな色みが、この方らしい端正な織り味を一段と引き立て、装いに有職織物ならではの典雅な趣きを添えてくれることと思います。公家文化の中で洗練を極めた様式美が息づく気品豊かなお品、ドレッシーな織りの着物から格高小紋、付下げなどに合わせてお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3118】人間国宝 北村武資作 袋帯 煌彩錦「菊詰七宝」(色紙付・桐箱入)

西陣で長年古代の織物の研究を重ね、培った高度な技術によって羅や経錦などの上代裂を今の時代に蘇らせたことで知られる、人間国宝・北村武資さんの袋帯です。こちらは煌彩錦のお品から「菊詰七宝」。白糸と銀の平箔糸・撚金糸を用いて、菊花を詰めた端正な七宝文が表現されています。精緻な織技が冴えるほっそりとした金の七宝や気品豊かな菊花のモチーフが、心洗われるような清々しい景色を創るお品。晴れやかな日に相応しい高い格調が留袖や訪問着などの礼装をしっかりと受け止めてくれることと思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。
*いつもの北村さんの帯とは落款のかたちが異なっておりますが、こちらは大手問屋の市田さんの誂え品です。北村武資さんのお品に間違いございませんので、どうぞご安心下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る