銀座【着物3614】林宗平工房製 木綿絣 濃藍色 七宝繋ぎ文(反端付)

色を深めた濃い藍色の地に薄藍色の精緻な蚊絣で、七宝繋ぎ文が整然と並べられた着物です。こちらは文化財の越後上布や上質な塩沢紬などの制作で名高い林宗平工房さんの作、この産地では珍しい木綿糸を用いた手織り絣のお品です。久留米など昔ながらの藍絣と比較しますと少々薄手、薩摩絣よりはややしっかりとした風合い。全ての工程で丁寧に手を掛け、ごく細い糸を用いて手織られた布は、しなやかに身体に寄り添いつつも程良い腰があり、これからの季節に気持ちよくお召しいただけることと思います。高度に極められた技術が冴える端正な絣の景色が、親しみ深い木綿の表情に確かな洗練を添えるお品、帯合わせも様々に、品良く上質感のあるカジュアルスタイルをお楽しみくださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3613】染の北川製 紬地小紋 象牙色 野の花の図(反端 シール付)

緯糸の所々にふっくらとした茶色の節が浮かぶ象牙色の紬地に薄藍色などの縞、重ねて藍と黒橡系の濃淡色で様々な野の草花が表現された小紋です。山帰来にナズナ、露草にメヒシバなど身近にありながらも普段は見過ごしてしまうような小さな植物たちの可憐な姿が、ほっそりとした美しい描線で影絵のように切り取られています。そんな優しい景色により温かみを添えているのが、小さく顔をのぞかせているぜんまい綿。自然のままの柔らかな茶色が清楚な花々を包み、野に在るかのように静かに引き立てていますね。秋の風景と美しい調和を見せてくれる趣豊かな一枚、ぜひお手に取ってご覧くださいませ。京友禅の名門として知られた染の北川さんの作です。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4462】洛風林製 袋帯「雲流」(反端付)

小さく煌めく銀糸が織り込まれた生成色の地に、銀鼠に空色、白に黒檀色に鈍く輝く金糸を添えて、くるりと渦を巻く瑞雲のモチーフが表現された袋帯です。こちらは古今東西を問わぬ膨大なデザインの蓄積から生まれる多彩な意匠を、西陣の老舗機屋の手で帯のかたちに創り上げる洛風林さんの作。洗練を極めた上質な帯の数々は着物を識る方の間でもとりわけ高い評価を受けていますね。うっすらと顔料をのせたような張りのあるマットな表情の糸を、さっくりと織り上げた独特の質感のお品。小さな節がぷつぷつと顔を覗かせる軽やかな地風は、袷の頃だけでなく単衣時期の装いにも活躍してくれそうですね。渦を巻きながらふくらむ楽しい雲のかたちは、古典的な格調を備えながらもどこか微笑ましくモダン。程良く野趣を取り入れた布味とも相俟って、洗練された遊び心を感じさせます。金糸は控えめですので、織りの着物にあわせていただけば装いの格を上げてくれますし、伝統的な吉祥文として改まったお席の装いにも清々しい存在感を与えてくれることと思います。どうぞこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る