銀座【帯4305】麻地 染名古屋帯 鳩羽鼠色 流水に楓葵文

明度を落とした鳩羽鼠色が近いでしょうか、灰みの強いシックな紫の麻地に、疋田を詰めた流水とともに葵や楓、萩の葉がはらりと散らされた染名古屋帯です。優雅なモチーフは一つ一つ鈍く輝く金銀彩で縁取られており、麻地の染め帯ながらカジュアルに走らず、少し格高の小紋などにもすんなりと寄り添ってくれる気品を備えたお品ですね。ぐんぐんと気温が上がってゆくこれからの季節、麻ならではのひんやりとした手触りや爽やかな張りが、装いに涼風を運んでくれることと思います。夏のお出かけにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4304】白山工房製 本場牛首紬地 洒落袋帯

錆鉄御納戸色が近いでしょうか、灰みの強い暗い青系の地に杢目絞りや巻き上げ絞りを用いて、変わり市松や丸文を配した洒落袋帯です。落ち着いた色調の景色にはさらに鈍く輝く蝋叩きや切り箔散らしが重ねられており、ひらひらと舞う雪や花を思わせるような小さな金彩に、静かな華を感じますね。こちらの染め下地に用いられているのは、石川県の無形文化財に指定されている本場牛首紬。小さな節が趣深く、釘抜きとも呼ばれる堅牢さとしなやかな風合いで定評ある牛首紬は、玉繭から人の手で無理を掛けず少しずつ引き出した糸を高機で丹念に織り上げる上質な紬で、もちろん帯としての締め心地も格別です。光沢のある地風や金彩の鈍い煌めきは紬としてはとてもドレッシーな雰囲気ですので、合わせる着物の選択肢も幅広く、ちょっとしたお出かけに重宝頂けることと思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4303】西陣 河村織物製 袋帯「宝彩蜀江華文」(反端付 手織りの証付)

萱草色が近いでしょうか、淡く柔らかな橙色を主調に煌めく金糸をふんだんに用いて、格調高い蜀江錦文を晴れやかに表現した袋帯 銘「宝彩蜀江華文」です。地色に溶け込む淡彩に白を効かせた景色は色数を抑えながらも重厚な華やぎを放ち、社交の場の装いを清々しく引き立ててくれることと思います。こちらは西陣 河村織物さんの作。手織りに拘るがために、早い時期から海外での生産体制の整備や技術者の育成にも取り組み、手機ならではの質の高い帯を制作なさる機屋さんです。どのようなお席にも安心してお使いいただけるフォーマル帯の名品、改まったおでかけやお祝いのパーティなどにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る