銀座【帯3898】竪絽地 染名古屋帯 檳榔子染色 波に楓の図

細い絽目が縦に走るしなやかな風合いの地に、迫力ある波飛沫に楓の葉があしらわれた染名古屋帯です。檳榔子染色が近いでしょうか、灰みの強い暗い茶系を背景に葡萄色や藍を効かせたシックなトーン、陰影豊かな摺疋田の表現によって、古典的なモチーフにはっとするような新鮮な魅力が生まれていますね。小紋や織りの着物に合わせて、存在感のあるモダンな着こなしをお楽しみくださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3897】新垣幸子作 八重山上布 八寸名古屋帯 (栞付) 

沖縄の石垣島で織られる八重山上布は、宮古島の紺上布と並んで古くから貢納布制度によって磨かれた技術が生み出す、爽やかな夏織物ですね。こちらは明度を落とした草色の濃淡と芥子色が近いでしょうか。福木と琉球藍から得た深い彩りを組み合わせ、美しい格子が織り出された八寸名古屋帯。沖縄県指定無形文化財技術保持者として、また日本工芸会正会員として活躍なさる八重山上布の第一人者、新垣幸子さんの作品です。古来の括り染めと草木染めの瑞々しい色彩を復元することによって、捺染の絣が並ぶ白上布の世界に新たな命を吹き込んだ新垣さん。手績みの苧麻糸は基本的に緯糸のみに用いられる八重山上布ですが、今回のお品は経緯に手績みの糸が用いられており、この方の作品の中でも特別な一点です。南の島の植物の生命の輝きを映す贅沢な夏帯、夏紬や上布の装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3896】国指定重要無形文化財 越後上布 八寸名古屋帯 (証紙付) 

黒みに寄せた檳榔子染色が近いでしょうか、黒と茶が溶け合うニュアンス豊かなお色目を背景に、網代文に十字絣を組み合わせた八寸名古屋帯です。こちらは越後上布 小千谷縮布技術保存会会長を務められた小河正義さんの作品で、国の重要無形文化財指定の技術を用いた越後上布。経緯に手績みの苧麻糸を用い、丹念な手仕事が尽くされた上布ならではの、ひんやりとした手触りが実に涼やかなお品です。とりわけ芯の入らない八寸は盛夏にも夏がこもらず、極上の素材ならではの快適な締め心地をお楽しみ頂けることと思います。一部に無地場を残すことですっきりと引き締められたシンプルモダンな色柄は、合わせる着物を選びませんね。夏紬や上布など盛夏の装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る