銀座【帯4598】浦野理一作 経節紬 名古屋帯 濃藍色 縞

黒みを帯びた深い藍色の地に練色と蘇芳色、やや明るめの藍を組み合わせた縞をすっきりと並べた紬織りの名古屋帯です。こちらは日本各地の染織品とその技法に関する深い造詣を基に、選び抜いた素材と妥協のない仕事による贅沢な着物や帯を遺された浦野理一さんの作品。この方の作品独特の節立った太糸を用いた野趣豊かな布は、糸そのものが個性的な存在感を備えており、無地のお品でも実に趣深いものですが、今回ご紹介するような縞となればその迫力も一入です。緯糸には濃藍色が重ねられていますので、程良く抑えられた印象の彩りやコントラストの穏やかさも好ましいですね。素朴さと洗練とが美しく溶け合う世界はやはり浦野さんならではのもの。紬や木綿などの装いに合わせて、凛々しくもどこか温かな趣きの装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4597】松原染織工房製 玉藍染 塩瀬地染名古屋帯(落款入)

「長板中形」の重要無形文化財保持者 松原定吉さんの高度な技を守り継ぐ松原家の工房は、澄まし建てと呼ばれる手法による独特のお色に特徴があり、藍ならではの色の力を残しつつも、柔らかな明るさや透明感のある彩りが印象的ですね。こちらは流水に鯉や楓を切れ味の良い型で染め上げた名古屋帯。澄んだ藍色と仄かに灰青みを含んだ白のみで表現された鯉の姿は生命力にあふれ、それでいてどこか微笑ましく、装いに江戸の好みらしい凛として清々しい趣きを運んでくれることと思います。紬や小紋の装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4596】南風原花織 名古屋帯(反端 証紙付)

檳榔子染色が近いでしょうか、灰みを帯びた暗い茶系の地に利休色系のグラデーションやシンプルな緯絣を横段に置き、同じ系統の濃淡色による手花織と緯糸花織で繊細な幾何文が表現された南風原花織の名古屋帯です。落ち着いた彩りが柔らかな調和を見せるお品、色のコントラストを抑えた静かな景色に小さな赤が印象的なアクセントとなっていますね。琉球絣や花織の産地として知られる沖縄の南風原では、優れた技術を生かしてより現代の装いに合わせやすいモダンな作品が生まれています。紬や小紋などカジュアルな装いに、手仕事の温かみと上質感を運んでくれる一点。これからの季節、春を呼ぶ淡い色の着物にも、とても綺麗に映えることと思います。ぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る