銀座【着物2654】伊那紬 茶鼠色×宗伝唐茶色 小格子 (反端証紙付)

茶鼠色と宗伝唐茶色が近いでしょうか、穏やかなグレージュ系の地色に赤みを帯びた薄茶の格子が表現された伊那紬です。古くから養蚕が盛んに行われてきた信州地方は、現在も上田紬や飯田紬、そしてこちらの伊那紬など上質な紬織物の産地として知られています。草木による染めから生まれる穏やかな色を生かしたシンプルな縞や格子の手織り紬は、軽くしなやかな風合いと高い実用性で定評があり、国の伝統的工芸品にも指定されていますね。今回ご紹介する伊那紬は、ただ一軒の織り元として丁寧なお仕事を続けておられる久保田織染工業さんで制作されたもの。柔らかな色みは矢車玉 (榛の木の実)と一位で染められており、控えめながら心癒やされるような優しい彩りの景色にどなたも魅了されることと思います。その土地に産する染料を用い、昔と変わらず織り継がれている信州の紬、どうぞお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2653】本場結城紬 千歳茶色 小花文 (反端証紙・奥順栞等付)

千歳茶色が近いでしょうか、灰みの強い渋めのモスグリーン系の地に様々な彩りの細かな亀甲絣で可愛らしい小花文が表現された本場結城紬です。柄名は「花のプリズム」とのこと、落ち着いた地色から仄かに浮かびあがる多彩な色からは、確かにプリズムのような澄んだ明るさを感じますね。リズムのある無地感覚の飛び柄ですので、帯合わせも様々にお楽しみ頂けることと思います。真綿から丹念に手でつむぎ出した糸を経緯に用いて地機でしっかりと織り上げられた本結城は、各工程に携わる方々の熟練の手技と大変な時間を費やすとても贅沢な織物。真綿の特質をそのまま残した暖かさや軽さが、冬の寒さから着る人を優しく護ってくれます。程良い甘さとシックな色は着る方や年齢を選ばず、長くご愛用頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2652】銀座志ま亀製 訪問着 黒色 貝桶文 (畳紙付)

銀座の老舗呉服店・志ま亀さんのお品から、黒の地におめでたい貝桶文様が華やかに表現された訪問着です。自社の工房で一点一点制作されるこちらの着物や帯は、選び抜かれた美しい彩りやはんなり優雅な古典意匠に独特の個性が光り、その洗練された洒落みと女性らしい甘さは多くの方から愛されていますね。訪問着の中でも黒地はとりわけ改まった感がありますが、重厚で華やかな存在感に加えて、上品な可愛らしさがほんのり香るモチーフや色遣いは、やはり志ま亀さんならではのもの。晴れのお席でも一際映える、朗らかな装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3213】西陣 ひなや製 唐組袋帯

飛鳥から平安期の宝物などに見られる「組」の技法を二十年もの歳月をかけて復元、帯の制作へと繋いだことで知られる伊豆蔵明彦さん率いる西陣・ひなやさんの袋帯です。こちらは黒と金、そしてやや茶みを帯びたグレイの3色で複雑な唐組による文様が表現されたお品。帯締めなどで見られるうねるような色糸の流れが帯のかたちに大きく力強く迫ってきます。しっとりとした絹糸の感触をそのまま残したしなやかな締め心地も、組みの技法ならではのものですね。御物などに遺るいにしえの布の美しさをそのまま写した気品香る一点、訪問着など晴れやかな装いにいかがでしょうか。染めの着物のみならず、錦織など織りの着物にもとりわけ良く映えそうですね。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3212】人間国宝 北村武資作 袋帯 (銀座もとじ扱い・畳紙付・反端付)

長年西陣で古代の織物の研究を重ね、培った高度な技術によって羅や経錦などの上代裂を今の時代に蘇らせたことで知られる、人間国宝・北村武資さんの袋帯です。今回のご紹介は金の極小さな入子菱文を背景に、白と薄鈍・鈍色の縞を斜め格子に配した煌彩錦の子持格子文。幾重にも重なりあいながら真っ直ぐに走るシャープなラインがモノトーンで表現されています。シンプルモダンな景色がとても印象的な一点、合わせる着物の色柄を問わず、北村さんの作品らしい洗練が晴れの日の装いをすっきりと引き立ててくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る