銀座【帯3085】森健持作 紬地染名古屋帯 江戸鼠色 辻が花文 (落款入)

江戸鼠色が近いでしょうか、灰みを帯びた薄茶系の紬地に黒橡や海松色の雲取り、所々に温かみのある江戸茶を効かせて繊細な辻が花文が表現された名古屋帯です。こちらは辻が花の復元で知られる小倉建亮さんに師事、その高度な技術を受け継ぐ染色作家・森健持さんの作品。モダンにアレンジされた軽やかな作風のものも制作なさる森さんですが、こちらは絞りの糸入れの縫い目の細やかさ、カチン描きの描線の美しさが際立つ、重厚感のある正統派の辻が花文です。ふわりと滲む絞りの柔らかさ、そして技巧が冴える墨色の配置、対照的な二つの表現が溶け合う景色が辻が花の魅力。確かな仕事から生まれる気品が紬や小紋の装いを凛と引き立ててくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3084】たつむら製 本袋帯「小袖唐草」

重厚華麗な帯づくりで知られる西陣・龍村美術織物さんの本袋帯です。こちらは銘「小袖唐草」、白橡色が近いでしょうか、穏やかなベージュ系の地に七宝花菱や亀甲花菱などの割付文を詰めた松皮菱の重ねや花唐草が緻密な織りで表現されています。ベースは落ち着いた古典モチーフですが、直線を大胆に用いた構成や金銀に黒鳶や褐返を効かせたシックな色がモダンな印象のお品、色無地や江戸小紋から訪問着など改まったお席の装いをきりりと格調高く引き立ててくれることと思います。お太鼓の美しさやしなやかな締め心地でも定評ある龍村さんの本袋帯、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3083】浦野理一作 経節紬 名古屋帯 黄支子色 無地

日本各地の伝統的な染織技法についての深い理解をもとに、吟味された素材と妥協のない仕事によって、その一つ一つを最高のかたちで再現なさった染織家・浦野理一さんの作品です。こちらの経節紬は紬の原点を思わせる趣豊かな織物。とりわけ無地の名古屋帯は、節立った独特の布味とどのような着物にもすっと寄り添ってくれる使いやすさから多くの方から愛された名品でしたが、真綿から人の手でつむぎ出される太糸は糸づくりのみならず製織も難しく、残念ながらその技術は伝えられることなく生産が終わっています。今回のご紹介は黄支子色が近いでしょうか、こっくりと深みのある黄色が秋深まる頃の銀杏の葉を思わせる印象的なお色目、紬や小紋などの装いに美しい季節を運んでくれることと思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る