銀座【帯3299】人間国宝 北村武資作 袋帯 銘「平成花紋」 (青山八木畳紙付) 

長年西陣で古代の織物の研究を重ね、培った高度な技術によって羅や経錦などの上代裂を今の時代に蘇らせたことで知られる、人間国宝・北村武資さんの袋帯です。今回のご紹介は「平成花紋」と銘された経錦の袋帯、灰白色の地に鳥の子色の花や江戸鼠色の葉が象る端正なモチーフが並べられています。色みやコントラストを抑えた静謐な景色は合わせる着物を選ばず、様々な場面で北村さんらしい典雅かつモダンな世界をお楽しみ頂けることと思います。金糸を用いておりませんので、改まったお席のための装いのみならず、ドレッシーな印象の織りなどに載せて頂いても素敵ですね。古典の気品と現代的な洗練が見事に溶け合う北村さんらしい名品、ぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3298】たつむら製 本袋帯「陽春七宝」

贅沢な帯づくりで広く知られる西陣の老舗機屋・龍村美術織物さんのお品から、「陽春七宝」と銘された本袋帯です。こちらは漆黒の地に様々な金銀の糸に朱や淡黄、萌黄に紫などあでやかな彩りの絹糸を添えて七宝文が表現されたお品。百花繚乱の春を思わせる重厚華麗な景色が、やはり龍村さん…と思わせる力強い存在感を見せてくれますね。どのようなお席にも安心してお使い頂ける格調を備えたフォーマルの名品、振袖や訪問着、紋付などの装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3297】西陣 桝屋高尾製 ねん金綴錦 袋帯「松皮菱」

西陣の名門機屋・桝屋高尾を率いる高尾弘さんの代表的な作品である、ねん金綴錦の袋帯です。ねん金綴錦は金箔を巻き付けた真綿糸を用いて製織されており、複雑で重厚な輝きと真綿の軽やかな質感を併せ持つ独特の景色が、晴れやかなお席の装いを印象的に彩ってくれますね。今回のご紹介は無地感覚でお使い頂ける松皮菱文。経糸に用いられた薄青色が金糸の煌めきにほんのりと色を重ねる、清々しい雰囲気のお品です。着物の柄を選ばず、帯留めなどの背景としても使い易いお品、裏面は同色のベイシックな段霞文のリバーシブルですので、場面に応じて使い別けて頂けますね。上質なフォーマル帯をお探しの方、この機会にぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る