銀座【帯5242】八重山上布 名古屋帯(反端付)

全体の印象はやや青みを含んだ灰白色が近いでしょうか。緯糸には乳白色を、経糸には一本おきに乳白色と藍色の糸を配した地に、藍色や栗皮色の横段や緯絣で柳の葉や水雲など、この地特有の素朴で楽しいモチーフが表現された八重山上布の名古屋帯です。経緯の糸に紡績の苧麻糸と手績みの苧麻糸を併用し、草木で染め、手機で織り上げられる沖縄・石垣島の八重山上布は、宮古島の上布と共に手仕事を尽くした贅沢な夏織物として広く知られていますね。白上布の名の通り、かつては白地に捺染の絣着尺を中心としていましたが、現在では豊富な植物染料と手括りによる多彩な染めによって、各地の上布の中でもとりわけ瑞々しい色遣いの作品が制作されています。今回のご紹介もそんな現代的な感性を生かした一点。ひんやりとした手触り、そして沖縄染織品ならではの力強い個性を備えた清々しい景色が、夏のお出かけを爽やかに彩ってくれることと思います。よそ行き浴衣から夏大島などの夏紬、上布の装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯5241】西陣 河合美術織物製 袋帯「唐衣輝き七宝文」(新品 反端 証紙付)

灰白色が近いでしょうか。僅かに灰みを含んだオフホワイトの地にモダンな変わり七宝文が表現された袋帯です。小さな花菱文を挟みながら格子と八弁の花などがさらに重ねられたお品。白糸と梅鼠色、金銀糸による晴れやかな色遣いとも相まって、シンプルかつ洗練された世界が生まれていますね。合わせる着物の色柄を選ばず、格高の小紋から紋付、訪問着などの改まった日の装いに合わせて、様々なお席でお楽しみ頂けることと思います。表地帯裏地共にさらりとした手触り、軽やかな薄手の地風ですが、しっかりめの芯が入った仕立てです。基本的には盛夏を除き、気温や体感に合わせてお使い下さいませ。こちらはフォーマル帯ではとりわけ定評のある西陣 河合美術織物織物さんの作、この機会にどうぞご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯5240】大倉織物製 誠之輔 琥珀織 博多紋八寸名古屋帯(新品 反端 証紙付)

全体の印象は灰白色が近いでしょうか。白、ごく僅かに紫みを含んだグレイ、淡いグレイを組み合わせてモザイクのように小さなパーツを集めた極細かい幾何文が段替わりに配された、博多織の八寸名古屋帯です。こちらはかちりとしたモダンな織り味が印象的な、名門 大倉織物さんの誠之輔ブランド「琥珀織」のお品。絹糸のボリュームを生かした立体感のある景色は、光の角度や動きによって複雑な光沢を纏い、色数を抑えながらも贅沢な絹の煌めきが装いに品の良い華を添えてくれますね。薄手ながら打ち込みの良い博多独特のぱりっとした地風は、お使い頂く季節を問いません。無地感覚で合わせる着物を選ばない一点、ぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る