銀座【帯3653】西陣 川島織物製 本袋帯

利休茶色が近いでしょうか、灰黄みを帯びたベージュ系の地にふっくらと立体感のある唐織で桐花や鳳凰が表現された本袋帯です。同系色を主調に所々深い千歳緑や深縹を効かせた渋みのある配色が重厚な趣きのお品、金糸を用いずとも絹糸の艶やかな光沢のみで充分な華やぎを感じさせますね。改まったお出かけやお茶の席、お呼ばれなど様々な場面で、装いを格調高く引き立ててくれることと思います。上質な素材を高度な技術で織り上げた西陣の名門 川島織物さんならではの確かな一点、ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3652】縮緬地染名古屋帯 紫黒色 市松取 花木の図 (畳紙付)

紫黒の地をすっきりと市松で別け、一つ一つに菊花や松竹梅、楓や波に葦などの花木や風景を繊細な筆にふっくらとした繍いを添えて表現した、縮緬地の染名古屋帯です。ひと目みて上質感が伝わってくるような景色は、丁寧な仕事が重ねられたお品ならではのもの。深い彩りを背景にくっきりと浮かび上がる御所解調のモチーフが、装いにはんなり優雅な趣きを運んでくれることと思います。松竹梅が入ることで程良いおめでたさも感じられ、少し改まったお席やお正月の装いにもお使いいただけそうですね。織りの着物から小紋、色無地など幅広いお着物に合わせてお楽しみくださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3651】本場黄八丈 八寸名古屋帯

本場黄八丈の色は八丈刈安・椎と泥染め・マダミから得た三色。黄、黒、樺色それぞれ大変に手のかかった染めによる深い彩りを組み合わせて、シンプルな縞や格子が手機で織り上げられます。こちらは茶みがかった温かみのある黒を背景に、こっくりとした黄の幾何文が整然と並べられた八寸名古屋帯。コントラストのはっきりとした二色ですが、程良く強さが和らげられているのは共に植物染めだからこそ。民芸的な趣きを感じさせないモダンな景色は幅広い着物とすんなり寄り添ってくれそうですね。上質な絹糸を用いた手織りならではのしなやかな締め心地にも定評あるお品、木綿や紬・小紋などの装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る