銀座【帯3767】日本工芸会正会員 大高美由紀作 紬織 名古屋帯 銘「春の水」(栞付)

日本工芸会正会員 大高美由紀さんの作品から、平成30年 第58回東日本伝統工芸展 出展作品で「春の水」と銘された紬織りの名古屋帯です。こちらはフロスティブルーが近いでしょうか、灰みと僅かな紫みを含んだ清々しい水色を背景に、白と高麗納戸色によるさざ波のような絣、重ねて白に亜麻色をのせた細い吉野織の格子がすっきりと織り込まれています。美しい絣足とともに緩やかに広がっていく水の動きが、端正な吉野織によって留め置かれている…心洗われるような清澄な景色に目を奪われてしまいますね。大高さんは、郡上紬を育て上げた人間国宝 宗廣力三さんが製作と後進の育成のために設立した南足柄工芸研究所にて、神山尚子さんに師事、糸質や染めなどに対する一切妥協のない細やかな仕事を引き継ぎ、現在も南足柄の地で美しい織物を生みだしておいでです。こちらも国産の生糸や紬糸を用い、楊梅や栗、コチニールや小鮒草などを染料として丹念に手織られたお品、上質で洗練された存在感をお楽しみ頂けることと思います。これからの季節にぜひお召し頂きたい稀少な逸品、どうぞこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3766】人間国宝 北村武資作 煌彩錦 袋帯

長年西陣で古代の織物の研究を重ね培った高度な技術によって、羅や経錦などの上代裂を今の時代に蘇らせたことで知られる、人間国宝 北村武資さんの袋帯です。今回のご紹介は、煌彩錦のお品から「戴金錦」。銀糸煌めくごく小さな入子菱を背景に、薄桜色をほんのりと効かせた端正な菊花文が整然と並べられています。戴金 (きりかね) とは、金銀やプラチナなどの箔を細い線状などに切り、筆で貼り合わせることで様々な文様を表現する精緻な技法ですが、こちらの帯の菊花や葉を縁取るほっそりとした金糸の輝きに、戴金の繊細華麗な美が託されているのでしょうか。典雅な古典意匠をモダンでより洗練されたかたちで表現なさる北村さんの帯は、どのような場面でも安心してお召し頂ける高い格調を備えています。合わせる着物の柄行きを選ばず、上品な甘さのあるお色目と優美なモチーフが、装いを気品豊かに引き立てる名品、フォーマル帯をお探しのかたには、ぜひお勧めしたく思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3765】人間国宝 喜多川俵二作 袋帯

父である平朗さんの技術を引き継ぎ、「有職織物」の重要無形文化財保持者として気品豊かな織物の数々を製作なさった、喜多川俵二さんの袋帯です。こちらは菱文が織り込まれた柔らかなオフホワイトの地に重ねて、ふっくらと浮線綾文を浮かべた二陪織物の袋帯。僅かに黄みを含んだまろやかな白を背景に、煌めく金糸とやや色を薄めた優しい紅梅色が創る端正な景色から、心洗われるような晴れやかさが生まれています。有職織物ならではの雅な華が装いを格調高く引き立てるお品、ドレッシーな織りの着物から格高の小紋や社交着まで、改まった日のお出かけに活躍してくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る