銀座【帯3895】山本由季作 麻地 染名古屋帯 練色 花の図

所々に濃い茶色が見え隠れする淡い亜麻色の麻地に、伸びやかな手描きで幻想的な花々が配された染め帯です。こちらは更紗花とのことですが、薔薇を思わせる幾重にも重なる花弁が、ほんのりと透けるような美しいブルーで水彩画のように表現された景色は、はっとするような爽やかさですね。こちらは染色作家・山本由季さんの作。自然に囲まれた宮城県の工房で制作なさる、花や虫・動物たちをモチーフとしたファンタスティックな着物や帯は、可愛らしくも力強い独特の個性で多くの方を魅了しています。動物や花々と共に暮らす山本さんの作品には、そこに生きるものたちが持つ瑞々しいいのちの輝きがさらりと映し出されており、身につける人にもその力を分けてくれるように思います。清澄な色柄が涼を運ぶ一点、しっかりと芯が入った仕立てですので、気温の上がる4月の終わり頃から夏を通してお使い頂けそうですね。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3894】銀座志ま亀製 絽塩瀬地 染名古屋帯 女郎花色 観世水に秋草文 (畳紙付)

女郎花色が近いでしょうか、黄みを帯びたごく淡い緑系の絽塩瀬の地に、観世水と共にお太鼓には撫子や桔梗、胴前には菊花や楓などが彩り豊かに配された染名古屋帯です。すっきりとした水紋と愛らしい花々の賑々しさが、装いに品の良い華やぎを運んでくれるお品、単衣時期から夏の小紋や織りの着物に合わせて爽やかな着こなしをお楽しみいただけることと思います。こちらは銀座の名店 志ま亀さんの作、確かなお仕事から生まれる着物や帯は、格調の高さに加えて女性らしさが光る朗らかな個性で多くの方から愛されていますね。ぜひお手にとってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3893】羅織 八寸名古屋帯 濃色 菱文

濃色が近いでしょうか、やや灰みを帯びた落ち着いた紫系の糸で、端正な菱文様が表現された夏の八寸名古屋帯です。整然と並ぶ網目のように繊細な織りが、羅独特の格調高い景色を創るお品、無地感覚で合わせる着物を選ばず、帯留めなど小物合わせも自在です。こちらは人間国宝である北村さんや喜多川さんの作品ではございませんが、高い技術を持つ西陣の機屋さんで製織されており、程良い張りのあるしなやかな風合いを備えた上質な一点です。盛夏の織物や小紋、付下げなど幅広い装いに合わせて、清涼感のある上品な着こなしをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る