銀座【帯5053】大城廣四郞織物工房製 南風原花織 八寸名古屋帯(反端 証紙付)

銀鼠色が近いでしょうか。透明感のある淡いグレイの地に蒸栗色と淺縹色の横段を置き、青藍色や滅紫色、灰桜色の濃淡を効かせた緯糸浮織によって、シンプルなモチーフが配された八寸名古屋帯です。九寸帯がほとんどの南風原花織では珍しく、太糸でざっくりとした風合いに織り上げられていますが、花織の繊細な優しさはそのまま。可憐な花が散りばめられた野原のようなのどかな景色がとても印象的です。こちらは日本工芸会正会員 大城一夫さん率いる大城廣四郎織物工場さんの作。琉球絣の名手として知られた大城廣四郎さんから受け継がれた確かな技術が生きる洗練された表情が、小紋や紬などの装いをモダンに引き立ててくれることと思います。ぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯5052】縮緬地染名古屋帯 黒色 御所解文

深い黒色の縮緬地を背景に、松や藤を中心に桜や杜若などを雲取りや流水と共に配した御所解文様の染名古屋帯です。こっくりとした美しい色を光沢豊かな絹糸にのせた刺繍、深い紅色を置いた疋田が、典雅な古典意匠を華やかに彩るお品。はんなりとして上品な景色が装いに優美な趣きを添えてくれることと思います。比較的季節を問わずお使い頂ける御所解の帯ですが、藤や桜のモチーフはやはりこれからの時期が出番ですね。紬や小紋の装いを柔らかく引き立ててくれる御所解の帯、これはというものに出会えましたらぜひお手元にお呼びくださいませ。三越さんの扱いです。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯5051】染司よしおか製 塩瀬地染名古屋帯 練色 南蛮船の図(落款入)

練色が近いでしょうか。柔らかなオフホワイトの塩瀬地を背景に、帆を一杯に広げて大海原を進む南蛮船の姿が描かれた染名古屋帯です。様々な国旗をはためかせた勇壮な船の姿が繊細かつ洒脱な筆で描かれたお品。こちらは上代染色や天然染料の研究を重ね、貝紫染めを筆頭に夾纈の復元など多岐にわたる業績を遺された吉岡常雄さん、正倉院裂や飛鳥天平の染織研究で良く知られる吉岡幸雄さん、そして今は吉岡更紗さんが引き継ぐ江戸時代からの染めの名店「染司よしおか」さんの作です。吉岡幸雄さんの代の作品と思われますが、金泥や枯れた藍色、深い赤など景色を彩る様々な美しいいろは全て、妥協のない高度な染色技法に基づくもの。軽やかな景色に贅沢な仕事が尽くされた稀少な一点です。紬や小紋などの装いに上質な存在感を添えてくれる染め帯の逸品、光弾む春のお出かけにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る