銀座【帯3084】たつむら製 本袋帯「小袖唐草」

重厚華麗な帯づくりで知られる西陣・龍村美術織物さんの本袋帯です。こちらは銘「小袖唐草」、白橡色が近いでしょうか、穏やかなベージュ系の地に七宝花菱や亀甲花菱などの割付文を詰めた松皮菱の重ねや花唐草が緻密な織りで表現されています。ベースは落ち着いた古典モチーフですが、直線を大胆に用いた構成や金銀に黒鳶や褐返を効かせたシックな色がモダンな印象のお品、色無地や江戸小紋から訪問着など改まったお席の装いをきりりと格調高く引き立ててくれることと思います。お太鼓の美しさやしなやかな締め心地でも定評ある龍村さんの本袋帯、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3083】浦野理一作 経節紬 名古屋帯 黄支子色 無地

日本各地の伝統的な染織技法についての深い理解をもとに、吟味された素材と妥協のない仕事によって、その一つ一つを最高のかたちで再現なさった染織家・浦野理一さんの作品です。こちらの経節紬は紬の原点を思わせる趣豊かな織物。とりわけ無地の名古屋帯は、節立った独特の布味とどのような着物にもすっと寄り添ってくれる使いやすさから多くの方から愛された名品でしたが、真綿から人の手でつむぎ出される太糸は糸づくりのみならず製織も難しく、残念ながらその技術は伝えられることなく生産が終わっています。今回のご紹介は黄支子色が近いでしょうか、こっくりと深みのある黄色が秋深まる頃の銀杏の葉を思わせる印象的なお色目、紬や小紋などの装いに美しい季節を運んでくれることと思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3081】西陣 藤原製 唐織 袋帯

唐織で名高い西陣の老舗・藤原さんの袋帯です。こちらは利休鼠と鳩羽鼠、そして薄墨を幅広の段替わりに置き、重ねて彩り豊かな木瓜有職文を整然と配したお品。お得意とする唐織による、刺繍と見紛うほどにふっくらと立体感のある絵緯糸による贅沢な表現が、フォーマルな場面に相応しい晴れやかな表情を生み出していますね。ひと色抑えた柔らかなお色みが絹糸の光沢と共に優雅に輝く品の良い景色が、紋付や訪問着などの装いをより華やかに引き立ててくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る