銀座【着物2584】人間国宝 中村勇二郎 伊勢型小紋「笹に菊花・唐草文」(落款入)

百入茶が近いでしょうか、青みが溶け込む暗い緑の地に極小さな珠や花弁によって笹文や菊花、唐草文が細やかに表現された伊勢型小紋です。こちらは伊勢型紙道具彫の人間国宝である、中村勇二郎さんの型を用いたお品。目色を白で残す一般的な江戸小紋とは異なり、異なる二色で染められる伊勢型小紋は一見するとより無地の印象が強いお品ですが、近く見れば静かに溶け合う二つの色と共に精緻な文様が揺らめいて、この染め独特の奥深い美しさを教えてくれますね。個性的なお色目がモダンな印象の一点、繍いの一ッ紋が入っておりますので改まったお席にも安心してお召し頂けます。格高の染め帯からフォーマルな袋帯まで、幅広い帯合わせでお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2583】本場結城紬 利休色 唐花文 (反端証紙付)

やや色を薄めた利休色が近いでしょうか、緑みや黄み、灰みが程良く溶け合う枯れた趣きの彩りを背景に、細かな亀甲絣の地抜きで唐花文を表現した総絣の本場結城紬です。器械を使わず撚りがほとんどかかっていない糸を真綿から手でつむぎ出す糸作りに始まり、精緻な絣を合わせながらの地機による織りに至るまでの長い工程それぞれに、熟練の技術を持つ方々が大変な手間と時間をかけて制作される紬の最高峰ですね。後継者が激減する中、こちらのように手のかかる総柄は殆どつくられなくなってきているそうです。全て手仕事で大切に扱われた素材が、その特質を惜しみ無く発揮してくれる贅沢な織物、そのふんわり軽やかな極上の着心地を、ぜひこの機会にお確かめ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2582】刺繍訪問着 藍墨茶色 雲取りに宝尽くし文

藍墨茶色が近いでしょうか、僅かに青みを帯びた深いグレイ系の地に雲取りや霞取りの場を置き、四季折々の花木や貝桶文、宝尽くし文などを細やかな刺繍で配した訪問着です。古典的な吉祥文様を贅沢な刺繍で表現したお品、豪華な柄置きですが控えめな色遣いが上品な印象で、どなたにもさらりとお召し頂けることと想います。絹糸の光沢が映える手刺繍は晴れやかなお席でも一際存在感がありますね。秋口から新年にかけてはお呼ばれの機会も多いもの。お探しの方、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3132】鈴木紀絵作 紬地 型絵染名古屋帯「旅の想いに」

国画会会員として長く国展にて心弾む作品を披露して下さった染色作家・鈴木紀絵さんのお品です。この方はふんわりと滲む絞りや型絵染め、繊細な手挿しなど様々な技術を自由に取り込み、動植物が遊ぶのどかな世界を表現なさいましたが、こちらもそんな鈴木さんらしい作風の一点。黒の紬地に豊かな表情を持つきつねや鹿、うさぎや鳥たちの楽しい姿や立派なきのこ、赤い実をつけた小枝などが大らかに表現された染めの名古屋帯です。「旅の想いに」と銘されていますので、秋の山へお出かけになられた際のイメージでしょうか。個性あふれる一つ一つのモチーフはどれも愛すべき魅力にあふれており、お太鼓や前帯の主役に誘ってあげたくなりますね。絵本のようなほのぼのとした世界を帯に写した素敵な一点、紬や小紋の装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3131】曽根武勇作 西陣織 袋帯 (落款入)

公家装束の製織などを担ってきた西陣の高度な技術を今に伝える、伝統工芸士・曽根武勇さんの作品から、赤墨色の地に茶系の濃淡色や様々な金糸を使い別けて、微塵の横段が表現された袋帯です。太さも質感も異なる紬糸に金属糸を絡めた複雑な糸遣いから生まれる景色は、実に陰影豊かで奥深く、金糸の小さな煌めきが散りばめられたシックな彩りの美しさは、手に取り眺める程に惹き込まれてしまいます。一見シンプルながら手織りならではの表現力が際立つ逸品、ドレッシーな織物から小紋、付下げなどに合わせて、気品香る格調高い装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る