銀座【帯3650】山口安次郎謹織 唐織 袋帯「松菱藤丸文」

象牙色が近いでしょうか、同色の糸による松菱文が浮かぶ柔らかな印象の白の地に、整然と藤の丸紋が並べられた袋帯です。こちらは能装束の復元製作などで良く知られる山口安次郎さんの作、利休鼠、桑茶、団十郎茶、灰青…渋みのある枯れた彩りが浮かぶ静かな世界が、刺繍のようなボリュームのある織りで格調高く表現されています。金糸が使われておりませんので、格高の小紋や紋付色無地などはもちろん、上質な無地紬などにもさらりと合わせて頂けることと思います。名匠が手掛けた気品香る一点、改まったお出かけやお茶の席などにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3649】銀座志ま亀製 塩瀬地染名古屋帯 葡萄色 扇文

明度をぐっと落とした葡萄色が近いでしょうか、深いボルドー系の塩瀬地に霞に切箔や松菊に御所車などが描かれた扇型を配した染名古屋帯です。古典的で端正なモチーフが装いを優雅に引き立てるお品、丁寧にあしらわれた細い金彩が輪郭を凛と際立たせて、染め帯ながら格調の高さを感じさせますね。こちらは銀座の老舗呉服店 志ま亀さんの作、自社工房でオリジナルとして制作されるこちらの着物や帯は、気品豊かな意匠や選び抜かれた色遣い、そして女性らしい可愛らしさなど独特の魅力にあふれており、多くの方から愛されていますね。こちらは志ま亀さんのものとしてはやや抑えたお色目ですので、より幅広い年代の方にお楽しみ頂けることと思います。紬から小紋などの装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3648】西陣 山口美術織物製 袋帯「禁裏桜橘文」

西陣・山口美術織物さんのお品から「禁裏桜橘文」と銘された袋帯です。紫宸殿の前庭に植えられている桜と橘の一対・左近の桜と右近の橘に材を取ったお品。淡黄色の地に優しいピンクや穏やかな洗朱など甘めの美しいお色を用い、絹糸の光沢が映えるふっくらとした唐織で愛らしい桜の花や橘の実を格調高く表現しています。金糸を効かせた晴れやかな景色が装いを典雅に引き立てる名品、色無地から付下げ・訪問着や振袖などに合わせて、清々しく気品豊かな装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る