銀座【帯3756】森健持作 塩瀬地染名古屋帯 灰梅色 枝垂れ桜の図 (落款入)

灰梅色が近いでしょうか、僅かにベージュがかった淡いピンクの塩瀬地を背景に、細やかな絞りと流麗な筆によって朗らかに花咲く枝垂れ桜が表現された染名古屋帯です。ほんのり滲む柔らかな描線、優しい彩りに包まれた花葉はまさに春そのもの…眺めているだけで心が晴れ晴れといたしますね。こちらは辻が花の復元で知られる小倉建亮さんに師事、その高度な技術を受け継ぐ染色作家・森健持さんの作品。現代的で軽やかな作風に、古典的な辻ヶ花とはまた異なる魅力が光る一点です。森さんの丹念な仕事によって生まれた清々しい春景色、紬や小紋の装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3755】西陣 川島織物製 本袋帯

ベースとなるお色は藍墨茶色が近いでしょうか、ニュアンス豊かなダークな色調に落ち着いた輝きを添える金糸をふんだんに用いて、雪輪青海波文が表現された袋帯です。それぞれの波には牡丹唐草や鳳凰の丸文、鶏頭文や花兎など格調高い名物裂文が置かれており、凛とした景色に正統派古典ならではの重厚な存在感が光る一点ですね。こちらは西陣指折りの老舗機屋 川島織物さんの作。上質な素材が確かな技術で織り上げられた本袋帯は、締め心地の良さでも定評がありますね。格高の小紋や色無地、訪問着などに合わせて、様々な場面でお楽しみくださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3754】城間栄順作 本紅型 袋帯 (落款入)

琉球王府の頃から続く紅型三宗家の一つである工房を守り、日本工芸会正会員としても活躍なさる城間栄順さんの作品から、春爛漫の趣きの名古屋帯です。こちらは練色が近いでしょうか、クローバーのモチーフが仄かに浮かぶ黄みを含んだ柔らかいオフホワイトの地に、大輪の八重桜が華やかに配されたお品。藍濃淡を主調に紅型独特の鮮やかな彩りを小さく効かせた愛らしくも力強い表情がとても魅力的ですね。少し遅れて咲き始める八重桜はお楽しみ頂ける時期もちょっぴり長め、紬や小紋などの装いに朗らかな春を呼び込んでくれることと思います。ぜひこの機会にお手にとってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る