銀座【帯4592】西陣 龍村美術織物製 本袋帯 銘「花王天香文」

贅沢な帯づくりで知られる龍村美術織物さんのお品から「花王天香文」と銘された本袋帯です。こちらは象牙色が近いでしょうか、柔らかな白色を背景に金糸に白鼠や水柿、薄柿などを小さく添えて牡丹唐草文が表現されたお品。古来百花の王とされる牡丹の花の格調高いモチーフが、金糸の煌めきに包まれて華やかに浮かんでいます。微かに添えられた上品な淡彩が、白と金の晴れやかな世界をより優雅に引き立て、フォーマルな場面に相応しい重みある装いを創り出してくれることと思います。上質な素材でしっかりと織り上げられた龍村さんの帯、春の式典などにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4591】西陣 織楽浅野製 袋帯(西陣証紙 反端付 三越扱い)

虫襖色が近いでしょうか。灰みの強い暗い緑系の色を背景に、白橡色や木賊色、柔らかな白に暗めの浅蘇芳色などをのせて、マグノリア風の流麗な植物文を表現した袋帯です。ほっそりとした金糸の縁取りによって微かな煌めきに包まれたモチーフは、色合いも相俟って洋の趣きが強く、どこかヨーロッパのアンティークファブリックを思わせるクラシックな洗練を感じさせますね。控えめな金糸遣いのお品ですので、小紋や付下げなどはもちろん、ドレッシーな織りの着物などにもすっと寄り添ってくれることと思います。こちらは古典を基調としながらも、現代の空間にすっきりと映えるモダンな帯づくりで知られる西陣 織楽浅野さんの作。お出かけや軽い集まりなど、改まり過ぎない場面が多い現代の着物シーンでは活躍の機会も多いことと思います。ぜひお手に取ってご覧くださいませ。三越さんの扱いです。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4590】西陣 洛陽織物製 袋帯(三越扱い)

檳榔子染色が近いでしょうか。灰みの強い暗い茶系の地に銀の平箔糸によって、格調高い唐花唐草文様が横段に並べられた袋帯です。銀糸のみによる色数を抑えた表現ながら、糸に捻りを加えた織りや斑のある焼箔糸を添えた景色には、銀の鈍い輝きにも様々なニュアンスが感じられ、手つむぎ真綿糸を用いた陰影豊かな素材感とも相俟って、独特の洗練された洒落みが生まれています。カジュアルにもフォーマルにも寄せすぎず、上品な存在感のある帯は現代の着物シーンにはとても使いやすいもの。やわらかものからドレッシーな紬、光沢感のある織りの訪問着など様々な装いをモダンに引き立ててくれることと思います。西陣の名門 洛陽織物さんの作、春のお出かけにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る