銀座【帯3562】西陣 河合美術織物製 袋帯

淡い亜麻色が近いでしょうか、薄いベージュを経糸に、緯糸には金の平箔糸を通した地に、大輪の牡丹や清楚な菊花などの花葉をゆったりと表現した袋帯です。金と白を主調として紺鼠色や縹色、紅藤色や赤朽葉色、鶸萌黄や緑青色などの美しい彩りがバランス良く配されたお品、絹糸の豊かな光沢を生かした唐織ならではの贅沢な景色が、紋付きや訪問着など晴れやかな日の装いを重厚華麗に引き立ててくれることと思います。こちらは西陣の名門 河合美術織物さんの作、お得意とする唐織りの技術を生かしたフォーマル帯ではとりわけ定評のある機屋さんですね。優雅な存在感を備えた一点、ぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3561】佐波理綴 袋帯 銘「有栖川柳橋文」(紙札付)

佐波理とは銅・錫・鉛の合金を材とした正倉院御物とのこと。昼夜の光量の違いで目に映る色調が大きく変わると言われるこの素材に因んで、こちらの織物は「佐波理綴」と名付けられたそうです。今回のご紹介は「有栖川柳橋文」と銘された袋帯、豊かな流れから見え隠れする蛇籠や槌車、橋に枝垂れる柳などを置いた風景が大胆な構図と精緻な織りで表現されています。金糸を中心に様々な彩りを載せたメタリックな糸によって、布そのものが発光しているような力強い輝きが与えられたお品。場所の明暗によって表情を変える幻想的な景色は、どのような豪華な着物にも負けない迫力を備え、帯合わせの難しい現代作家の個性的な作品などもしっかりと受け止めてくれそうです。社交着はもちろん、上質な色無地などシンプルな装いに合わせて、変化に富んだ帯の特性をアピールして頂いても素敵ですね。織の宝石と称され、西陣の帯の中でも独特の存在感を持つ佐波理の帯、どうぞこの機会にご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3560】塩瀬地染名古屋帯 紫黒色 光悦垣の図 (落款入) 

やや赤みを含んだ紫黒色が近いでしょうか、黒みを帯びた深い紫の塩瀬地に光悦垣がさらりと描かれた趣深い染名古屋帯です。色数を抑えた静かな景色から、小さく添えられた繍いの絹糸がつややかに浮かびあがる様子がとても印象的なお品、上品な大人の洒落みをお楽しみ頂けることと思います。シンプルでありながら奥行きを感じさせる世界は、合わせる着物次第で装いに様々な物語性を生み出してくれそうですね。こちらは京都の老舗呉服店 ぎをん齋藤さんの作、はんなりとして洗練されたお好みや確かなお仕事に名店の矜恃が光ります。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る