銀座【着物4162】新垣斉子作 首里道屯織 単衣着物(反端証紙付)

やや彩度を上げた茶鼠色が近いでしょうか。植物染めによるシックなグレージュ系の地に極めて精緻な経糸浮織によってシンプルな幾何文が整然と並べられた単衣の首里織の着物です。琉球王府の貴族や士族の衣服として洗練を極めた首里織は、その技法も幅広く、花倉織・首里花織・道屯(ロートン)織・手縞・綾の中・総絣など様々ですが、今回のご紹介は道屯織のお品。僅かな陰影がニュアンスのある彩りを微かに揺らし、細い糸がしっかりと打ち込まれた密度の高い織りによる端正な表情とも相俟って、実に静謐な美しさを湛えた景色が生まれていますね。紬織りながら他とは一線を画す格調を備えた一枚、現代の着物シーンではとても重宝な「きちんと感」のある街着として、様々な場面で活躍してくれることと思います。那覇伝統織物事業協同組合の組合員として活躍なさる新垣斉子さんの作、ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物4161】二代目 森山虎雄作 国指定重要無形文化財 久留米絣(反端証紙付)

ごく深い濃藍色の地に、やや明るめの中藍色の経緯絣による小さな四角形を組み合わせ、鎖状の幾何文を形作った単衣の留米絣です。連続するモチーフの内側には更に小さな十字絣と井桁絣が白く浮かべられており、美しい藍の色と小さな星のような白のコントラストが清々しい一枚です。こちらは二代目森山虎雄さんの作。大柄の松枝家、小柄の森山家、と称されてきた久留米絣を代表する織元で、先代に続き国指定重要無形文化財技術保持者として、久留米絣の中でもとりわけ高度な作品を手がけておいでです。今回ご紹介する着物も、得手とする小柄の技術を組み合わせ、美しい連続模様へと進化させることで、冴えた藍の色が生きるモダンな世界を創り出した森山さんらしい逸品。繊細な絣足を残しながらそれぞれの彩りが浮かび上がる景色は、確かな技術を持つ作り手さんによる経緯絣ならではのものですね。気温差の大きな季節の変わり目には、しっかりとした木綿はとても重宝です。丈夫で温かみのある風合いや少々の雨にも安心な気軽さは、上質な木綿の特質です。洗いを重ねる程に白が澄み、藍が冴えると言われる本物の久留米絣を、ぜひどうぞ永くご愛用下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物4160】夏付下げ 淡い撫子色 可憐な花の図(畳紙付)

色を薄めた撫子色が近いでしょうか。透明感のあるごく淡いピンクの地に、清楚な表情の花々がさらりと描かれた夏の付下げです。深い紫や朱をのせた可憐な花、ほっそりとした葉がたおやかに撓う様…小さく煌めく金彩が涼しげな華を添える優美な世界が、洗練された色と構図で表現されていますね。こちらは京都のぎをん齋藤さんの作。広く知られた名店ならではの感性と確かなお仕事が光る、気品豊かな社交着です。絽や紗とはまた異なりますが、単衣時期から夏を通して着用できる素材が使われており、軽やかな透け感と共にすっと落ちる絶妙な重みを備え、さらさらと手からこぼれるような質感は絽縮緬をさらに薄く繊細にしたよう。触れていてとても心地良いお品です。やや軽めの夏の社交着として、その瑞々しい表情がパーティなどでも一際目を惹くことと思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る