銀座【着物3106】千總製 訪問着 浅黄色 花籠散らし (タグ付) 

やや彩度を上げた浅黄色が近いでしょうか。優しいエクルベージュを背景に牡丹や藤、桜や椿など折々の花を籠にまとめて華やかに散らした訪問着です。こちらは京友禅の名門・千總さんの作、柔らかな淡彩で表現された古典意匠が上品な存在感を見せてくれる、格調ある正統派の社交着ですね。目上の方からも好感度が高く、どなたも安心してお召し頂ける一枚、改まったお出かけや式典、パーティなど様々な場面ではんなり優雅な装いをお楽しみくださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3104】単衣 染一ッ紋訪問着 流水に槙の図 (越後屋扱い 反端付)

淡い霞色が近いでしょうか、ほんのりと紫みを帯びた薄いグレイの地に霞暈しを浮かべ、流水や槙の枝葉が白上げでさらりと表現された単衣の訪問着です。所々繊細な金銀箔を添えて装飾された典雅な景色が、格調高く着る人を引き立てるお品。帯合わせを選ばない控えめな色柄ながら、丹念な手仕事ならではの上質な存在感をお楽しみいただけることと思います。染めの一ツ紋が入っていますので、お茶の席や式典などにも安心してお召し頂けますね。銀座の老舗呉服店 越後屋さんの扱いです。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3103】染の北川製 小紋 勿忘草色 羊歯丸文散らし

やや色を薄めた勿忘草色が近いでしょうか。叢雲のような微かな陰影のある澄んだブルーを背景に、ほっそりとした金彩で縁取られた羊歯の丸文がはらりと散らされた晴れやかな小紋です。こちらのような無地感覚のお品は染名古屋帯からセミフォーマルの袋帯まで合わせる帯も幅広く、色柄も選びやすいもの。また帯次第でちょっとしたお出かけからやや改まったお席まで着用の機会も多く何かと重宝いただけますので、初めて着物をとお考えの方にもおすすめですね。こちらは京友禅の名門として知られた染めの北川さんの作、上品な華と格調を備えながらも程良く控えた感のある柄構成はどなたにも好感度が高く、様々な場面で安心してお召しいただけることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る