銀座【着物2811】京都しょうざん製 単衣 生紬地訪問着

鳥の子色が近いでしょうか、落ち着いたベージュの肩裾に淡い湊鼠の暈かしを置き、枝垂れ桜や桐花、橘の枝などがシックな色遣いで表現された単衣の訪問着です。こちらは「京都しょうざん」さんのお品。上州赤城山麓産の座繰りで引いた玉繭糸を経緯に使用したさらりとして張りのある生紬は、しょうざんさんの代名詞のような素材で、とりわけ単衣時期にはその特徴ある爽やかな着心地をはっきりと実感頂けることと思います。クラシックな趣きの意匠を独特の素材感と渋みを効かせた彩りでモダンに表現したお品、洒落みが光る社交着として、様々な場面でお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2810】本場結城縮 単衣 総亀甲詰 (反端証紙付)

落ち着いた練色が近いでしょうか、灰黄みを帯びたオフホワイトの地に墨黒の細かな亀甲絣を詰めた軽やかな風合いの本場結城縮です。真綿から時間をかけて手でつむいだ糸を丹念に手機で織り上げられる織物が本場結城紬ですが、同じ糸に撚りをかけて織られたものが本場結城縮。作り手の方のお話では、繊細な手つむぎの糸に撚りをかける分、結城縮の糸はより高い品質を要求されるとのことで、平織りの本結城の生産も激減する中、縮織の本結城は本当に稀少なものとなってしまいました。目を凝らしてようやく捉えられるような極細かなシボのある地風は、本結城ならではの柔らかみを備えつつも肌につかず、特に単衣でお召しになればその極上の着心地に驚かれることと思います。ベイシックな総亀甲詰は帯の背景としても万能、季節の染め帯から織りの八寸、モダンな洒落袋など様々な帯合わせをお楽しみ頂けそうですね。新たな製織がますます難しくなるであろう逸品です。ぜひこの機会にお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2809】本塩沢 単衣 着物 (反端証紙付) 

黒色の地に青碧や芥子、練色の小さな蚊絣が夜空の星のように散りばめられた本塩沢の着物です。塩沢御召の名でも親しまれている本塩沢は、緯糸に強い撚りをかけることで独特のしゃり感を生み出すシボを創ります。現在の本塩沢は手のかかる経緯絣から離れ、昔ながらの手織りのお品はとても少なくなってしまいましたが、今回のご紹介は高機で織り上げられた伝統的工芸品指定のお品。右撚りと左撚りの強撚糸を使い別けながら精緻な経緯の絣をかちりと合わせる、という手仕事による複雑な工程を経ています。帯合わせを選ばない無地感覚の柄ゆきながら、夏らしい風情を感じさせる趣豊かな一点、単衣でお召し頂けばさらりとした肌触りや裾捌きの良さを実感頂けることと思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る