銀座【着物3684】浦野理一作 繍一ッ紋 経節紬 薄柿色 無地

薄柿色が近いでしょうか、やや灰みがかった落ち着いたピンク系のお色目がとても美しい無地紬です。こちらは日本各地の伝統的な染織技法やその歴史についての深い理解をもとに、吟味された素材と妥協のない仕事によって、その一つ一つを最高のかたちで再現なさった染織家 浦野理一さんの作。大きな節のある手つむぎの糸がつくる素朴な景色が印象的な経節紬のお品です。時間をかけた丹念な手技から生まれる趣豊かな布は、浦野さんの代表作として多くの方から愛された名品でしたが、残念ながらその技術は伝えられることなく生産が終わっています。今回ご紹介の着物は枯れた趣きの渋めのピンクがとても味わい深く、上品な甘みが大人の女性らしさを引き出してくれそうですね。合わせる帯次第で様々な場面で活躍してくれる上質な無地紬は、現代のワードローブに欠かせないアイテムとなっていますが、中でも浦野理一さんの経節紬は別格の魅力を備えた一点。節立った糸は一般的な紬とは全く異なるどっしりとした存在感を創り出し、作家作品など力のある帯もしっかりと受け止め、引き立ててくれますね。同系色でさり気なく繍いの一ッ紋が入っていますので、少し改まったお席にも安心です。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3683】人間国宝 小宮康孝作 江戸小紋(落款入 反端付)

国の重要無形文化財保持者として多大な功績を遺された小宮康孝さんの作品です。こちらは「茶道具」、深い黒の地に点のような小さな珠を連ねて、お茶で使われるあれこれが表現されています。茶碗に釜、茶杓に袱紗、棗に菓子器、柄杓に茶筅、釜鐶に風炉、火箸に蓋置、炭…これは?あれは?と一つ一つの楽しいモチーフについつい見入ってしまいますね。伊勢型紙彫師の宮原敏明さんの手になる極細かな錐彫りの型が、小宮さんならではの熟練の技術できりりと染め上げられた江戸小紋の名品。極型の三役や万筋のような凜々しく緊張感のある作品群とはまた趣きが異なる、どこか小粋な表情に江戸の洒落みが光ります。お出かけや軽い集まりなどの場に、大人ならではのウィットに富んだ装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3682】訪問着 薄墨色 流水に更紗花文

僅かに明度を上げた薄墨色が近いでしょうか、仄かな色みを含んだ淡いグレイの地に一面ゆったりと流水文を置き、流れに寄り添わせるように更紗花を中心としたエキゾティックな更紗文様が華やかに重ねられた訪問着です。赤朽葉色や黄朽葉色、古代紫や松葉色の濃淡などやや強めのお色を効かせて、全体に広がる流水のモチーフを綺麗にまとめたお品。金駒の刺繍やふんだんに用いられた金彩が煌めく贅沢な景色は、晴れやかなパーティなどのお席でも一際の存在感を見せてくれることと思います。更紗文の社交着はお召しになる季節を選ばず、また洋の空間にも良く映えそうですね。ぜひこの機会にご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3681】銀座 泰三製 訪問着 柳鼠色 花唐草文(反端 畳紙付)

やや明度を落とした柳鼠色が近いでしょうか、やや灰みがかった淡いグリーン系の地にほっそりとした花唐草文が描かれた、とても上品な趣きの訪問着です。地色に溶け込むような優しい淡彩で古典的なモチーフがさらりと表現されたお品、小さく煌めく繊細な金駒刺繍や金彩と共に、淡い霞色から鳩羽色への美しい挿し色が洗練された華を添えていますね。こちらは繍いや絞り、金彩などの熟練の技術を有する優れた職人さんと共に、最高級の社交着を制作なさる銀座泰三さんの作、全てオリジナルで創り上げられる贅沢な品々は宮中にも納められていますね。静かな柄置きながら、どのような帯もしっかりと受け止めてくれる確かな力を備えた一枚。気品に満ちた着姿はどのようなお席でも好感度が高く、また控えめながらも存在感ある着こなしをお楽しみいただけることと思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3680】羽織 消炭色 竹の図(畳紙付)

明度をぐっと落とした消炭色が近いでしょうか、黒に近いニュアンスグレイの地に力強く伸びる竹が大胆に描かれた羽織です。勢いのある筆が竹の豊かな生命力を見事に表現しており、見る人の心に余韻を残す印象的な後ろ姿を演出してくれることと思います。渋紙色や藍鼠色、紅消鼠など地色とシックな調和を見せてくれる洗練された挿し色は、細かな染疋田を重ねることでより柔らかく抑えられ、迫力あるモチーフにはんなりとした女性らしさを添えていますね。こちらは銀座の老舗呉服店 むら田さんの扱い。選び抜かれた上質な着物や帯で良く知られた名店ならではの、確かなお仕事による美しい一枚です。素敵な羽織をお探しの方、ぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3679】本場結城紬 深い黒鳶色 亀甲絣 竪縞

明度を落とした黒鳶色が近いでしょうか。僅かな紫みを含んだごく深い焦茶系を背景に、反幅の1/3には亀甲絣と細かな蚊絣を、2/3にはやや間隔を開けた蚊絣を竪縞のように並べた本場結城紬の着物です。温かみのある落ち着いた地色に正確な絣技でシンプルな小絣が織り出された、とてもモダンな表情の一枚ですね。本場結城紬は真綿から人の手でゆっくりとつむがれた特別な糸を経緯に用い、熟練の技術を持つ方々の手間暇を惜しまぬ丹念な手仕事によって生み出される贅沢な織物。あらゆる工程で大切に慈しまれた布には、軽く柔らかく奥深い光沢を備えた絹という素材の素晴らしい特質がそのまま引き出されており、着る人を暖かく包み護ってくれることと思います。様々な帯合わせを楽しみながら、長くご愛用下さいませ。小田急百貨店さんの扱いです。

この商品のONLINESHOPページを見る