銀座【着物2989】銀座志ま亀製 小紋 秘色色 唐松・楓に椿や水仙の丸文

秘色色が近いでしょうか、僅かに灰みを含んだベビーブルー系の地に唐松や楓、蘭を散らし、重ねて水仙や椿などの丸文を配した小紋です。円みを帯びた可愛らしいモチーフ、優しい甘さのある地色に柔和な彩りが溶け込むはんなりとした世界が着る人を爽やかに引き立ててくれることと思います。こちらは銀座の老舗呉服店・志ま亀さんの作。選び抜かれたお色目や、女性らしい品の良い甘さを感じさせる洗練された意匠の着物や帯は、その殆どが自社工房のオリジナルとして制作されています。帯合わせ次第で気軽な街着から少し改まったお席まで幅広い場面でお楽しみ頂ける格高小紋は活躍の機会も多いですね。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2988】訪問着 枯野色 四季折々の花の図 (落款入)

明度を上げた枯野色が近いでしょうか、色味を抑えたサンドベージュ系の地に流水や霞取りに重ねて菊や牡丹、杜若に松や蔦、秋草に菫など四季折々の多様な花たちが配された訪問着です。金駒刺繍や金彩で装飾された花たちが妍を競う、社交着らしい華やかな雰囲気の一枚、花に包まれているかのような優美な装いはどなたにも好感度が高く、お祝いの席やパーティなど晴れの場面に安心してお召し頂けますね。四季花の着物は豪華なイメージに加えて季節を選びませんので、ご用意頂くとなにかと重宝にお使い頂けることと思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2987】染めの北川製 道行コート (反端付)

海松色が近いでしょうか、やや黄みを帯びた暗いオリーブグリーン系の地に花唐草の地紋、重ねてひび割れのようなラインを細く走らせた道行コートです。所々に添えられた金彩がアクセントになっており、どこか金継ぎのような趣きが味わい深いお品。シックな地色を活かしたシンプルモダンな構成が洗練を感じさせる一枚ですね。無地感覚でお召し頂けますので合わせる着物を選ばず、ドレッシーな織りから小紋、軽い付下げなどの装いにさらりと羽織って頂けそうです。京友禅の名門として知られた染めの北川さんの作、気温の下がるこれからの季節、きっと活躍してくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2986】人間国宝 小宮康孝作 江戸小紋 (落款入)

菫色が近いでしょうか、女性らしい華のある紫系の彩りを背景に、極小の珠で象った可愛らしい鶴の丸文が染め上げられた江戸小紋です。こちらは国の重要無形文化財保持者として多大な功績を遺された小宮康孝さんの作品。目を凝らさねば捉えられないような細かなかたちの一つ一つがすっきりとうつされており、型彫りと染め双方の職人さんの熟練の技がきらりと光る、美しくも緊張感のある世界をお楽しみ頂けることと思います。おめでたい鶴のモチーフということもあり、五役に準ずる品格を感じさせる一点。遠山の伊達衿も付いておりますので、さり気なく祝意を添える装いとして、改まったお席やお祝いのパーティなどの場面でも活躍してくれそうです。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2985】浦野理一作 経節紬 羽織 赤墨色 無地

浦野理一さんの作品から、赤墨色が近いでしょうか、深みのある焦茶系の無地の羽織です。日本各地の染織に対する深い造詣を基に、妥協のない手仕事によってその本来の姿を再現した浦野さんの着物や帯は、制作が終わって長い時を経た今もなお、私たちを魅了してやみません。この方の着物や帯を語る際に欠かせないものが経節紬。野趣豊かな糸味が印象的な経節紬は、浦野さんの代名詞とも言える味わい深い織物ですね。こちらはその経節紬で仕立てられておりますが、一般的な経節紬よりもより太めの糸を用いていますので、お馴染みの節もより力強く、独特の野趣が際立った印象のお品です。少し手強いのではとも思わせる表情の紬ながら、実際に羽織ってみれば意外な程に軽く、そして暖かく、やはり大切に扱われた選り抜きの糸ならではの素晴らしい恩恵を実感頂けます。お袖の円みも大きく、振りは閉じてありますのでかなりカジュアルな雰囲気となりますが、紬や気軽な小紋、木綿などの着物に合わせて頂けば、とても趣味性の高い装いをお楽しみ頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2984】染一ッ紋 訪問着 赤朽葉色 菊花の図 (反端付 畳紙付)

赤朽葉色が近いでしょうか、静かな華やぎを感じさせる穏やかな橙色系の地に摺り疋田の裾模様、贅沢な繍いを添えて高雅な菊花を配した染一ッ紋の訪問着です。ごく細かな市松の地紋が光を受けて陰影豊かな表情を見せるお品、はんなりとして女性らしく、また見事に洗練された景色から目を離せなくなってしまいますね。こちらは京で名高い老舗呉服店 ぎをん齋藤さんの作、伊と幸さんの上質な白生地に高度な技術を持つ職人さん方の確かな仕事が重ねられた名品です。疋田の品の良い愛らしさ、そして菊花の香り立つような清々しさ…正統派古典の魅力を存分に活かしながらも、どこか凛としたモダンな存在感が現代の様々なシーンで一際光る一枚、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る