銀座【着物3476】鶴見晋史作 本加賀友禅 紋紗 道中着「蔦」(落款入 反端 証紙付)

彩度を落とした梅鼠色が近いでしょうか、繊細な変わり菱の地紋が浮かぶローズミスト系の紗の道中着です。左前袖と背中にはするりと蔓を伸ばす蔦が描かれた贅沢なお品、こちらは加賀染振興協会の厳しい落款制度の認可を得た本加賀友禅作家 鶴見晋史さんの作。手描友禅ならではのほっそりとした糸目でしなやかな枝葉が優雅に表現されています。防寒の必要がない季節にも、やはり思わぬ汚れから着物や帯を守るために、外出の際は一枚羽織っていただくと安心ですね。流麗な筆から生まれる清々しい風景に、本加賀友禅らしい気品香る一枚。薄もののコートをお探しの方、ぜひこの機会にご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3475】十日町 青柳製 赤城紬 櫛引織 単衣 訪問着 (証紙等有り)

十日町の名門工房 青柳さんのお品から、柳鼠色や蒸栗色、灰青色や山葵色など薄いグリーンやクリームイエロー系の淡彩を変わり織と共に緩やかにうねる段替わりに配した単衣の訪問着です。生地の糸を波状に動かす櫛引織りという技術により、部分的にレースのように透ける箇所が所々置かれており、黄檗を用いた美しい彩りと共に涼やかで陰影豊かな景色が生まれていますね。多彩な技法に通じた工房ならではの拘りを感じさせる一枚、しゃりっとして程良い張りと透け感のある地風ですので、気温次第で単衣時期から夏を通してお楽しみ頂けることと思います。帯合わせも様々に、爽やかな着こなしをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3474】単衣 訪問着 砂色 秋草の図 (余り布付)

明度を落とした砂色が近いでしょうか、落ち着いたサンドベージュ系の地に野菊や薊、葦に女郎花など季節の草花がひっそりと佇む単衣の訪問着です。柳鼠や滅紫、明度を落とした萱草色など静かな色と共に細い金銀彩の縁取りを添えたお品、野の花の控えめな美しさが優しく表現されており、ほんのりとした品の良い華が着るひとを爽やかに引き立ててくれることと思います。お出かけから改まったお席に、この時期ならではの季節感あふれる装いをお楽しみくださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3473】単衣 染一ッ紋 訪問着 淡い薄花色 草花図 (高島屋扱い)

色を薄めた薄花色が近いでしょうか、灰みを帯びた淡いブルーの地に鴇浅葱色の暈しを置き、芙蓉に撫子、萩に桔梗、女郎花に鉄線、夏椿など夏から秋にかけての様々な草花が淡い彩りと共に配された単衣の訪問着です。所々に添えられた銀彩が涼しげに煌めく季節感豊かな一枚、控えめなお色目の古典的な意匠ですので、どのようなお席にも安心してお召しいただけることと思います。高島屋さんの扱い、改まったお出かけやお呼ばれにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3472】東郷織物製 夏大島紬 桑茶色 幾何絣 (反端 証紙付)

薩摩絣で名高い名門工房 東郷織物さんは、洗練された色柄の大島紬や夏大島でも定評がありますね。こちらはその東郷織物さんが手掛けた上質な本場夏大島紬。夏の大島紬は撚りの強い絹糸で程良く隙間を空けて織り上げられており、しゃりっとした程良い張りを備えながらも身体に添うしなやかな風合いが心地良い爽やかな夏織物です。今回ご覧いただきますのは、明度を落とした桑茶色が近いでしょうか。黄みを強めた薄茶系の濃淡色を細い横段に置き、緯糸の絣で大小の四角形を並べた東郷織物さんらしいモダンな個性が光る一枚。季節の染め帯や自然布など工芸色豊かな八寸を合わせて、大人の上質なカジュアルスタイルをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3471】単衣 本場大島紬 灰梅色 縞に幾何文 (反端 証紙付)

色を薄めた灰梅色の地に萌葱色や杏色、白茶の細縞を置き、間には京紫や葡萄色の小さな幾何文が絣で表現された単衣の本場大島紬です。本場大島紬ではなかなか見かけない、ほんのりとした甘さのある色柄のお品、夏へと向かう季節の明るい陽射しに、爽やかな淡彩と大島独特の柔らかな光沢が美しく映えることと思います。シンプルモダンな幾何文は合わせる帯を選ばず、季節の染め帯から洒落袋まで様々な着こなしをお楽しみ頂けますね。薄手で程良い張りがあり、裾捌き良く軽やかな着心地を約束してくれる単衣の大島、ぜひこの機会にお試しくださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る