銀座【着物3463】単衣 染一ッ紋 付下げ 洒落柿色 紫陽花に蝶 (畳紙付)

やや彩度を上げた洒落柿が近いでしょうか、軽やかな橙色系の地に裾濃の場を置き、抽象的な紫陽花を配した単衣の付下げです。四弁の小さな花と葉のかたちで群れ咲く紫陽花の姿を可憐に、そして華やかに表現したお品。鮮やかな若草色と共にひらひらと舞う蝶の姿も添えられて、お召しになる方をふんわりと優しい空気で包み込んでくれますね。こちらは銀座の老舗呉服店 志ま亀さんの作、古典を基調として選び抜いた美しい色で表現される格調高い着物や帯は、その上品な女性らしさや洗練された遊び心で多くの方から愛され続けていますね。今回のご紹介はデザイン性の高いモダンな趣きの一枚ですが、晴れやかな色遣いや甘すぎない可愛らしさに志ま亀さんらしい個性が光っています。初夏のお出かけにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3462】日本工芸会正会員 木原明作 訪問着 銘「波」(落款入 反端付)

絹鼠色の地に薄花色を主調として、所々様々な彩りを呼び込みながらゆらゆらと揺れる波の美しさを表現した訪問着です。こちらは染色作家・故 木原明さんの作品。木原さんは小倉建亮さんに師事、のちに辻が花染から学んだ絞り、そして友禅の双方を併用した独自の作風を確立し、日本工芸会正会員として活躍なさいました。今回のご紹介は絞りならではの滲みから生まれる描線の柔らかさを最大限に活かした一枚、繊細な色差しと正確な絞りによって、光を受けて煌めく水面の清澄な景色が、目の前にゆったりと広げられています。木原さんらしい透明感のある静かな世界を堪能頂ける大作、パーティなど晴れやかな場面でも一際目を惹く、作家作品ならではの存在感ある装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3461】千總製 単衣 訪問着 柳鼠色 垣に秋草の図 (落款入 反端付)

柳鼠色と蒸栗色を大きく手綱取りに置き、垣に撫子や菊、桔梗に女郎花、芒など秋の草花が配された単衣の訪問着です。大胆な手綱柄を背景としていますが、コントラストの小さい同系二色ですのでお召しになりますとほんのりとした暈かしのような印象です。また水柿色や胡桃染色、灰青など用いられた彩りもみな穏やかで、景色に静かに溶け込んでいますね。小さく添えられた金駒の刺繍や銀彩が涼やかな華を添える品の良い社交着、京友禅の名門 千總さんならではの正統派古典意匠が創る、格調高く優雅な装いをお楽しみ下さいませ。単衣用の経てシボのような畝のある素材ですので肌触りや裾捌きもさらりと爽やかにお召し頂けます。一枚ご用意頂くと安心な単衣の上質な訪問着、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3460】四代目 上野真作 単衣 訪問着 葡萄鼠色 ヱ霞に笠松の図 (落款入)

京友禅の名門・上野家の四代目として活躍なさる上野真 (二代目上野為二) さんの作品です。この方は友禅染の技術で重要無形文化財保持者に認定された上野為二さんの作風を汲み、茶屋辻など端正な風景を中心とする精緻な糸目友禅の作品を究極の技術をもって世に出しておいでです。こちらはやや色を薄めた葡萄鼠色が近いでしょうか、落ち着いた灰みの紫系を背景にヱ霞を斜めに配し、笠松を重ねた単衣の訪問着。それぞれの松には松竹梅が詰められており、極細い糸目につややかな繍いをそこここに添えて、古典美を極めた典雅な世界が丹念に表現されています。静かな色遣いながら贅沢な仕事から生まれる風格は晴れやかなお席でも確かな存在感を見せ、着る人を格調高く引き立ててくれることと思います。どのようなお席にも堂々とお召しいただける正統派社交着の逸品、ぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3459】単衣 白鷹御召 白色 亀甲絣 (反端 証紙付)

米沢・長井・白鷹など山形県の置賜地方は、米沢藩の頃からの織物産地として知られ、この地の紬は置賜紬として伝統的工芸品にも指定されています。その一つが板締小絣で知られる白鷹御召、強撚糸を用いることで生まれる細やかなシボが特徴です。現在ではこの織物を製織なさる機屋さんも2軒のみとのことで、こちらはそのうちの1軒、小松織物工房さんの作品です。柔らかな白の地に一面美しく揃った亀甲絣が敷き詰められており、板締めによる高度な絣の技術を駆使した白鷹御召らしい上品な着物です。シンプルで清々しい景色は合わせる帯を選ばず、お召しになる方の個性に合わせた様々な着こなしをお楽しみ頂けることと思います。ぜひこの機会にお手に取って、さらさらとして程良い張りのある独特の手触りの良さをお確かめくださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物3458】単衣 付下げ 藍白色 小さな花の図 (反端付)

藍白色が近いでしょうか、白にほんの少しだけ青みを溶かし込んだようなペールトーンを背景に、朝顔や杜若、鉄線に露草、向日葵に萩や鈴蘭など様々な花の姿が小さく散らされた単衣の付下げです。初夏から秋口までの花図鑑のような趣きの一枚、優しい彩りをのせた可憐な表情の花たちが、着る人を清楚に爽やかに引き立ててくれることと思います。控えめな小紋感覚のお品ですので、合わせる帯次第で気軽なお出かけから少し改まったお席まで、幅広い場面で活躍してくれそうですね。単衣素材として最適な伊と幸さんの光悦縮緬を染め下に用いていますので、裾捌き良く肌に付かない快適な着心地をお楽しみいただけます。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る