銀座【帯4528】伊兵衛織 八寸名古屋帯 入子菱文 段替わり

静岡県浜松市の旧家・高林家で織られてきた伊兵衛織は、極太に撚った玉糸を丁寧に手染めし、手機で織り上げられる工芸色あふれる織物です。民芸運動に育てられた織りは、その原点である用の美と共に時代を超えたモダンな洗練を併せ持ち、長く多くの人に愛されてきましたが、作り手の求める糸の供給が途絶えたことから、先年その歴史に幕を下ろしました。どっしりとした風合いで知られる伊兵衛織ですが、帯は更にふっくらと地厚。芯の入らない単帯で伸縮性に富んでいますのでとても締めやすく、お太鼓も美しく形が整います。こちらは定番の綾織りによる入子菱文、経糸には象牙色を、緯糸には象牙色や水柿、卵色に赤香、錆青磁や柳茶、白橡などを用いて、落ち着いた彩りの横段を配しています。静かに調和するシックな色や選び抜かれた絹糸の柔らかな光沢は、カジュアルな紬の装いからきちんと感のある小紋などの装いまで、様々なスタイルを上品に引き立ててくれることと思います。合わせる着物を選ばず、作家作品など個性ある着物もしっかりと受け止めてくれる力ある名品、ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4527】洛風林製 袋帯

ごく細やかな煌めきが上品な華を感じさせる金色の地は、平箔の金糸と撚金糸を複雑に絡めて創られたもの。重ねて代赭色や萌葱色、亜麻色に白を添えて、お太鼓いっぱいに松枝や梅花が大らかに表現された袋帯です。こちらは洛風林さんの作。古今東西を問わぬ膨大なデザインの蓄積から生まれる個性豊かな帯の数々は、いつも新鮮な存在感で多くの方を魅了し続けていますね。今回ご紹介するお品は、強めのお色も繊細な織りによって柔らかな金のベールに包まれたように景色に溶け込んでおり、ほんのりと香り立つような華やぎに独特の洗練を感じます。おめでたいお席や晴れやかなパーティの装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4526】西陣 川島織物製 本金 本袋帯

経糸の濃藍色を微かにのぞかせた金色の地に、鮮やかな青碧色から藍色への美しいグラデーションと共に大胆な松文がゆったりと表現された本袋帯です。個性豊かな彩りが広がる晴れやかな景色を程良い分量の黒がきりりと引き締めるお品、こちらは西陣を代表する老舗機屋として知られる川島織物さんの作で、とりわけ素材に拘り高度な技術で贅沢に織り上げられた本金使用の逸品です。本金ならではの重厚な輝きが支える背景から、質感の全く異なるふっくらとした織りによって苔むした老松の姿が陰影豊かに浮かび上がるお品、祝意あふれる華麗な景色が留袖などの第一礼装を力強く受け止め、どのような場面にも自信を持って臨むことのできる風格ある装いをお楽しみ頂けます。代々引き継いでいけるような最高級のフォーマル帯をお探しの方、ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4525】鈴木紀絵作 紬地 染名古屋帯

長く国展にて心弾む作品を披露して下さった染色作家・鈴木紀絵さんの作品です。この方は絞りや型絵染め、手挿しなど様々な技術を自由に取り込み、動植物が遊ぶのどかな世界を表現なさいましたが、こちらもそんな鈴木さんらしいほのぼのとした作風の名古屋帯です。丁字茶色が近いでしょうか。やや赤みを帯びた薄茶系の紬地に、ふんわりと柔らかな絞りとほっそりとした墨色の筆によって、愛らしいうさぎや小鳥たちの姿が表現されています。落ち着いた柿渋色や根岸色、虫襖色に鮮やかな青を効かせた花木の陰で安心して遊ぶ、幼気ないきものたちの楽しげな様子がとても微笑ましくて、眺めているだけで穏やかな気持ちになりますね。絵本から抜け出してきたような可愛らしいモチーフですが、程良く甘さを抑えた色遣いですので、お使いになる方や年齢を選びません。紬や小紋などに合わせて、作家作品ならではの確かな個性が光る、上質感のあるカジュアルをお楽しみ下さいませ。銀座もとじさんの扱いです。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4524】塩瀬地染名古屋帯 黒色 貝桶文(畳紙付)

黒の塩瀬地に雲取りや梅花などを詰めた貝桶文様を配した、典雅な趣きの染名古屋帯です。こちらは銀座の老舗呉服店・志ま亀さんの作。青朽葉や洗柿、朱の濃淡に葡萄色などはんなり優雅なお色目と共に、切箔散らしや七宝、青海波などを所々に配した晴れやかな景色に、こちらのお店らしい格調と上品な女性らしさが香るお品ですね。貝桶文はおめでたいお席に相応しい吉祥文として長く愛されてきた意匠ですから、合わせる着物次第では少し改まった感のある装いとしてお楽しみ頂けることと思います。志ま亀さんならではの丁寧なお仕事が光る上質な染め帯、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4523】総刺繍 紬地洒落袋帯

ぐっと色を深めた消炭色が近いでしょうか。僅かな赤みや灰みを含んだ暗い焦茶系の紬地に、金銀糸をふんだんに用いた精緻な刺繍で、滝を登る鯉と共に松竹梅が表現された洒落袋帯です。撚りの甘い糸や強めの糸、太さなどを細やかに使い別けて様々な表現が為された贅沢な景色は、ひと目みて心掴まれるような迫力、そして装いの要としての確かな存在感を備えていますね。帯合わせが難しいドレッシーな織りの訪問着や作家作品、また上質な無地紬や極型の江戸小紋など、同じく力ある着物にのせて頂けば、大人の女性ならではの風格、そして洗練された洒落みを感じさせる特別な着こなしをお楽しみ頂けることと思います。ぜひこの機会にご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る