銀座【帯3843】しな布 八寸名古屋帯 (紙ラベル付) 

やや明度を落とした芝翫茶色が近いでしょうか、糸そのもののナチュラルな薄茶色が素朴で味わい深いしな布の八寸名古屋帯です。しな布は縄文期までその歴史を遡ることができる古代布の一つ。現在では山形県や新潟県の一部で僅かに織り継がれている稀少な織物です。しなの木の硬い樹皮を長い時間と手間をかけて糸に績み、織り上げる布は丈夫で水にも強く、さっくりとして野趣豊かな布味は夏の帯地としてもとても魅力的ですね。シンプルな無地の八寸は合わせる着物の色柄を選ばず、上布や夏織物、よそ行き浴衣など幅広い装いに重宝にお使い頂けます。お探しの方、どうぞこの機会にご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3842】紬地染名古屋帯 水色×練色 蕪の図 (反端付) 

ほんの少し彩度を落とした白群色が近いでしょうか、涼やかなブルーの紬地に優しい洗朱の摺疋田で大らかに蕪が表現された染名古屋帯です。用いられたのは練色を加えた淡い三色のみ。透明感を備えながらもどこか時を経て枯れたような趣きの色合いが清々しく、大胆で個性的なモチーフを美しくまとめていますね。どんな着物に合わせようかと、ワクワクしてしまうような存在感のあるお品、紬や木綿、小紋などの装いを楽しく引き立ててくれることと思います。
※さらりとした風合いの紬地ですが、透け感はございませんので、基本的には袷時期の帯とお考えくださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3841】南風原花織 八寸名古屋帯 (反端証紙付) 

経糸には枯色、緯糸には枯色から海老茶、檳榔子染色など地色に馴染みの良い茶系の濃淡色を用いて、道屯織による繊細な横段文様が表現された八寸名古屋帯です。立体感のある織りによってシンプルな横段に独特の陰影が生まれ、複雑な表情をみせてくれますね。全ての工程が丹念な手仕事による沖縄の染織品は、独特の工芸色と温かくも力強い個性が魅力。しっかりと打ち込まれた程良いしなやかさのある八寸は、袷時期のみならず単衣時期にも重宝にお使頂けますね。無地感覚ながら存在感のあるモダンな景色が、紬や木綿などの装いをすっきりと引き締めてくれることと思います。琉球絣の名門工房として知られる大城織物工場さんの作、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3840】西陣 誉田屋源兵衛製 袋帯

革色が近いでしょうか、軽い透け感のある落ち着いた深緑系の地に淡いグレイの漆箔糸を通した仄かな横段を置き、色みに僅かな変化を持たせた鈍い金の平箔糸で花唐草文が表現された袋帯です。花唐草には撫子や桔梗などがアレンジされており、古典的でありつつどこか洋の趣きも感じられてとてもモダンな印象ですね。こちらは帯問屋として京で280余年の歴史を持ち、卓越した染織技術から生まれる個性的な帯で名高い老舗・誉田屋源兵衛さんの作。静かな色と小ぶりの唐草は一見控えめに見えますが、贅沢な素材を自在に使いこなす誉田屋さんならではの高度な技術から生まれる景色は、やはり独特の迫力を備えており、手に取り着物に合わせてみれば改めてその重厚な存在感に驚かされることと思います。ぜひお手元でご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3839】絽 唐織 袋帯 (畳紙付) 

優しい薄香色の絽を背景に、浅縹、練色、土器、紫苑、鶸、灰桜、柳鼠、海松など美しい8色に銀糸や白糸を添えて、ふっくらとした唐織で七宝花菱文が並べられた夏の袋帯です。選び抜かれた彩りが互いに引き立て合いながら見事な調和を見せてくれるお品。手に取るだけで心華やぐ典雅な景色が、夏の社交着を格調高く引き立ててくれることと思います。ピンクやブルー、イエローにグリーンなど様々な系統の彩りがバランス良く配されていますので、合わせる着物の色を選ばず、単衣時期から夏を通して様々な場面で活躍してくれそうですね。こちらは京都らしいはんなり優美な着物や帯で知られる京の名店 に志田さんの扱い、ぜひこの機会にご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3838】染の北川製 染名古屋帯 (反端証紙付)

ほとんど黒に近いほどに色を深めた濃紺の地に、透かし織りなど様々な織り柄の小さな四角形を敷き詰め、色紙重ねのような幾何文を置いた染めの名古屋帯です。麻を思わせるようなシャリっとして張りのある地風がとても涼やかですね。すっきりとモダンな構図、そして鳩羽鼠と灰青を効かせたシックな色遣いに洗練された洒落みが香るお品、夏紬や絽の小紋など様々な夏衣を凛と引き締めてくれることと思います。名門 染の北川さんの作、気軽なお出かけにさらりとお楽しみくださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る