銀座【帯4160】青戸柚美江作 木綿地 藍絣 名古屋帯 (畳紙付)

古くから木綿絣の産地として知られる山陰地方。弓浜や倉吉、広瀬などの絵絣は広く知られていますね。中でもとりわけ個性豊かなものづくりで注目される方が「出雲織」の青戸柚美江さん。鳥取県安来市にて伝統的な技術を基本としながら、木綿に限らず絹や天蚕、蓮糸など様々な素材を用い、手紡ぎの糸を草木や本藍で染め、手機にて織り上げた力強い着物や帯を世に出しておいでです。今回のご紹介は風合い良い薄手の木綿地に大胆な絣模様を表現した名古屋帯。本藍染による深い藍色と明るい藍色、そして白の三色で、経緯絣の複雑な幾何文を表現しています。小さな十字絣を間においた山道のような力強いかたちは、白の経緯絣による小さな四角形が縁取りのように添えられており、きりりと効かせた白が二色の藍のコントラストをより鮮やかに引き立てていますね。素朴な藍絣を最先端のモダンへと押し上げるこの方の類い希な力量を存分にお楽しみいただけることと思います。綿を育てるところから始まる青戸さんの木綿絣は出雲織の原点。人の手が惜しみ無くかけられた贅沢なお品のみが持つ奥深い美しさを、どうぞご覧くださいませ。西武百貨店さんの扱いです。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4159】西陣 川島織物製 本袋帯  

柳鼠色を背景に、深川鼠や淡黄、茶鼠に潤色などシックなニュアンスカラーを用いて、幾何文に花菱を詰めた端正な連続模様を表現した本袋帯です。ふっくらとした絹糸の質感や光沢が生きる唐織ならではの個性が、爽やかな色調をより美しく引き立てるお品、光放つような透明感が春へと向かうこれからの季節に清々しく映えることと思います。こちらは西陣の老舗機屋 川島織物さんの作。上質な素材を用いて確かな技術で織り上げた本袋帯は締め心地も良く、どのような場面でも安心してお使い頂けますね。ぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4158】多ち花製 染名古屋帯 大花更紗 (畳紙付)

摺型友禅の名門として良く知られる多ち花さんのお品から、大花更紗文の染名古屋帯です。亜麻色の地に榛色でシンプルな小紋柄を置き、重ねて褐返色や濃色などの濃淡色で大胆な更紗花が表現されたお品。良く見れば一つのいろにも様々な色味の変化が見受けられ、奥行きある景色を生み出すために、何回も型紙を変えて細やかに摺り重ねられた過程が想像されます。更紗花はエキゾティックなモチーフですが、こちらは穏やかな色調など程良いアレンジが加えられており、どなたも気負いなくお使い頂けそうですね。紬や小紋などに合わせて軽いお出かけやお食事会など出番も多いことと思います。この機会にどうぞご覧くださいませ。銀座もとじさんの扱いです。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4157】藤山優子作 吉野間道 名古屋帯 (反端 栞付)

草木染めによる繊細な彩りを自在に操り、名物裂に由来する格調高い吉野間道を、よりモダンで洗練されたかたちへと昇華させた藤山千春さん、この方を母としてその技術や感性を受け継ぎ、共に工房で活躍なさる藤山優子さんの作品です。こちらは深紫色の地に同系の様々な濃淡色、桔梗鼠色や白練色をのせた吉野織を横段に配した名古屋帯。立体感のある細かな畝が絹糸の光沢と共に、選び抜かれた一つ一つの色の美しさをあますところなく引き出していますね。意外性のある色遣いのお品も新鮮ですが、紫を主調とする統一感のある景色に静かな気品を感じる美しい帯、端正な表情はドレッシーな紬、小紋、軽めの付下げなど合わせる着物も幅広く、装いを格調高く引き立ててくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4156】羽田登喜作 縮緬地 染名古屋帯 鴛鴦の図 (落款入)

友禅の人間国宝・羽田登喜男さんを祖父として生まれ、幼少期から恵まれた環境で友禅に親しんで来られた羽田登喜さんの作品です。こちらは色を薄めた洗朱色が近いでしょうか、鈍いサーモンピンク系の縮緬地に、水面に浮かぶ一羽の鴛鴦が丁寧に描かれた名古屋帯。羽田友禅の象徴的なモチーフである鴛鴦の姿は、繊細な糸目友禅と美しい金銀彩で丹念に装飾されており、名古屋帯という小さな面積の中にも受け継がれた高い技術が随所に散りばめられています。美しい地色や華のある優雅な景色が紬や小紋などの装いを上品に引き立ててくれるお品、ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4155】白山工房製 本場牛首紬地 洒落袋帯 (反端 証紙付) 

消炭色の濃淡や淡い源氏鼠などシックなグレイッシュトーンを変わり市松風に配し、金彩の蝋叩きや霞、切箔散らし、 納戸色や赤朽葉色の細線など様々な装飾が施された洒落袋帯です。眺めていると抽象的な景色から次々といろいろなモチーフが浮かび上がってくる不思議な奥行きを備えたお品、主張を抑えながらも独特の個性が光るモダンな表情が印象的な後ろ姿をつくってくれることと思います。こちらの染め下地に用いられているのは、石川県の無形文化財に指定されている本場牛首紬。小さな節が趣深く、釘抜きとも呼ばれる堅牢さとしなやかな風合いで定評ある牛首紬は、玉繭から人の手で無理を掛けず少しずつ引き出した糸を高機で丹念に織り上げる上質な紬で、もちろん帯としての締め心地も格別です。光沢のある地風や金彩の鈍い煌めきは紬としてはとてもドレッシーな雰囲気ですので、合わせる着物の選択肢も広くちょっとしたお出かけに重宝頂けそうですね。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る