銀座【帯4407】首里織 手花織 九寸名古屋帯

琉球王府の貴族や士族の衣服として洗練を極めた首里織は、その技法も幅広く、花倉織、首里花織、ロートン織、手縞、綾の中、総絣など様々ですが、今回のご紹介はふっくらとした太糸を刺繍のように浮き上がらせる手花織による名古屋帯です。黒に近いほどに色を深めた濃藍色を背景に、藍濃淡や白橡色、鳩羽色に滅紫色、黒茶色に老竹色など選び抜いた様々な系統の彩りを見事に調和させて、モダンな幾何文様が表現されたお品。洗練されたシックな彩りがつややかに輝く景色は、端正な北欧のステッチを思わせると同時に、暗闇に煌めくネオンのような鮮やかな魅力にも満ちており、作り手の磨き抜かれた技量と感性を感じさせます。琉球王朝文化の粋を、現代に相応しいかたちで見事に映し出した逸品ですね。残念ながら作り手に繋がるものはございませんが、細い地糸による緻密な織り、洗練されたモチーフと色遣い、そして僅かな乱れもなく完璧に整えられた独特の端正な表情、類似のモチーフ等からは、第一人者として「首里の織物」の復元復興に尽くされたルバースミヤヒラ吟子さんの作品を思わせます。ぜひ実際にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4406】西陣 川島織物製 本袋帯

明度を落とした青丹色が近いでしょうか、落ち着いたグラスグリーンの地にモダンに意匠化された唐花唐草文様が表現された本袋帯です。地色に溶け込む榛色の唐草文が、鳩羽色に憲法黒茶、胡桃色や藍媚茶など美しい彩りをのせた唐花を一つ一つふわりと囲むお品、所々には鈍い光りを放つ平箔の金糸がさり気なく織り込まれており、格調高くも穏やかな景色に小さく華を添えています。金銀糸を控えていますので、格高小紋や付下げなどの社交着だけでなく、本結城など上質な無地紬や光沢感のある織物などにも合わせやすく、お茶席など改まったお席から軽いパーティなど様々な場面で上品で洗練された装いをお楽しみ頂けそうですね。西陣の名門 川島織物さんの作、個性ある静かなお色目は秋の街に良く似合うことと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4405】縮緬地染名古屋帯 褐返色 亀甲格子に花菱や五三桐 

黒に近いほどに色をふかめた褐返色の縮緬地に、浅黄や橙の濃淡を載せた彩り美しい花菱や五三桐を亀甲格子と共に配した染めの名古屋帯です。こっくりとした色みを清々しい白がきりりと引き締める端正な表情のお品、染め帯ながらごく細い金彩で縁取られた格調高いモチーフに程良い改まり感があり、気軽な小紋や紬などの街着から少しよそゆき系の装いまで、幅広く合わせて頂けることと思います。こちらは銀座の名店 志ま亀さんの作、確かなお仕事から生まれる着物や帯は洗練された色柄、そして上品な女性らしさが光る独特の個性で多くの方から愛されていますね。シンプルながらどのような着物も受け止めてくれる力ある一点、ぜひお手にとってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4404】西陣 河合美術織物製 袋帯

練色の地に端正な松菱文が並べられた袋帯です。金糸を主調として鳩羽色や銀鼠色、青磁鼠色などの美しい淡彩を溶け込ませたお品、所々に置いた地空きの部分には繊細な唐草文が詰められた華やかな景色は合わせる着物の色柄を選ばず、紋付や付下げ、訪問着などの社交着を格調高く引き立ててくれることと思います。こちらは西陣の老舗機屋 河合美術織物さんの作、上質なフォーマル帯で定評ある作り手さんらしい、格調高い一点です。お呼ばれや改まったお出かけに機会が増えるこれからの季節に向けて、この機会にぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4403】大城廣四郞織物工場製 南風原花織 名古屋帯(反端 証紙付)

蒸栗色が近いでしょうか、福木を用いて染められた淡い黄色の地に、繊細な手花織と浮花織を細やかに使い別けて、様々なモチーフが横段のかたちに並べられた名古屋帯です。優しい紫系と清澄な緑系を主調とした可憐な草花やリズミカルな幾何文が、ほんのり上品な甘さを感じさせます。こちらは琉球絣の名手として知られた大城廣四郞さんの工房のお品、端正な織りから生まれる清楚な表情に、廣四郞さんから受け継がれた確かな技術が生きていますね。小紋や紬などに合わせて、爽やかなカジュアルスタイルをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯4402】八重山みんさー 八寸名古屋帯(反端 証紙付)

温かみのある木綿の糸を用いてしっかりと織り上げられる八重山みんさーは、沖縄の石垣市や竹富町で生産されている織物。お馴染みの「いつの世までも」との意が込められた絣が良く知られていますね。こちらは白と藍の二色を細やかに配したシンプルな八寸名古屋帯。白と淡い藍が交互に現れる畝織りを背景に、四つと五つの長方形で象られた伝統的な絣が並ぶ縞がすっきりと走る、清々しい表情のお品です。ざっくりとして厚みのある質感ですが、手織りのお品ですのでごわつきも少なく、丈夫な木綿は浴衣から夏織物、袷時期の紬まで季節を問わず、気軽に重宝にお使い頂けることと思います。みんさーらしさはそのままに、凝った地模様に洗練を感じさせる一点、ぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る