銀座【帯3943】城間栄順作 本紅型 夏紬地八寸名古屋帯 (落款入)

さっくりと織り上げられた亜麻色の紬地に、藍の濃淡のみで繊細なラインで繋いだ向かい蝶や向かい松のモチーフを置いた八寸名古屋帯です。冴えた藍でくっきりと象られたかたちが整然と並ぶ爽やかな景色が、凛として清々しい後ろ姿を創ってくれることと思います。こちらは琉球紅型の第一人者として活躍なさる城間栄順さんの藍型の作品。野趣ある地風に藍型らしい力強い表情が美しく映える個性ある一点ですね。芯の入らない柔らかな風合いの八寸帯ですので、夏場にも熱が籠もらず快適にお使い頂けそうです。上布や夏紬などの装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3942】西陣 川島織物製 絽 袋帯

明度を上げた青丹色が近いでしょうか。爽やかなリーフグリーン系の絽に金糸の箔散らし、重ねて赤朽葉や鴇浅葱、芥子や木賊色など明るい彩りを添えて華やかな華文が配された夏の袋帯です。透明感のある色遣いが重厚な古典意匠を軽やかに表現したお品、絽や紗の訪問着など夏の社交着を清々しく引き立ててくれることと思います。こちらは西陣の老舗 川島織物さんの作。上質な素材を確かな技術で織り上げた川島さんの本袋帯は、格調高い色柄の魅力のみならず、そのしなやかな締め心地の良さでも定評がありますね。夏のフォーマル帯をお探しの方、ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3941】白山工房製 夏牛首紬地 染洒落袋帯

落ち着いた黒色の地に銀箔の散らしを置いた洒落袋帯です。こちらは経糸に生糸、緯糸には牛首特有の手引きの玉糸を用いた白山工房製の夏牛首紬地に染め加工がなされたお品。夏向きに程良く間隔を空けてさっくりと織られた布はしゃりっとした爽やかな手触りで良く風を通し、軽やかな締め心地をお楽しみ頂けることと思います。涼しげに煌めく銀箔は裏側から置かれており、経緯の糸の隙間を通した表現によって薄いベールをかけたような効果が生まれていますね。無地感覚ながらモダンな存在感のある一点、帯留めなどの背景としてもとても使いやすそうです。夏の小紋や軽めの付下げ、ドレッシーな織物など幅広い装いに合わせてお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3940】銀座志ま亀製 絽塩瀬地 染名古屋帯 葡萄茶色 木賊に秋草の図 (畳紙付)

葡萄茶色が近いでしょうか、少し明度を落としたボルドー系の絽塩瀬の地に、作土文のかたちの撫子や萩、桔梗と共に木賊が配された夏の染名古屋帯です。江戸茶など鈍い橙色系や青丹など落ち着いた黄緑を効かせ、ほっそりとした金彩の縁取りを添えた景色が上品な華やぎを運ぶお品、季節の花々が夏紬や小紋などの装いに風情を添えて引き立ててくれることと思います。こちらは銀座の老舗呉服店 志ま亀さんの作。柔和で女性らしい表情に志ま亀さんらしい優美な個性が光る一枚ですね。ぜひこの機会にご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3939】蒋雪英工房製 絽 刺繍袋帯 蔓花の図

フロスティグレイが近いでしょうか、灰みを含んだ淡い緑色系の絽の地に、ごく細い絹糸による精緻な刺繍でほっそりとした蔓を伸ばす清楚な花の姿が表現された夏の袋帯です。時計草の一種でしょうか、清々しくも朗らかな花の表情が夏紬や絽の小紋などの装いを風情豊かに引き立ててくれることと思います。こちらは蘇州刺繍の第一人者として知られる蒋雪英さんの工房作。日本の和装にすっと溶け込む繊細な表現は、着物や帯などを長く手掛けてきた工房の高い技術ならではのものですね。装いに涼を運ぶ季節感豊かな一点、ぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3938】本羅 八寸名古屋帯 亜麻色 菱文

亜麻色が近いでしょうか、やや灰みを帯びた淡いベージュ系の糸で、大小の菱を組み合わせた本羅特有の端正なモチーフが織り上げられた八寸名古屋帯です。経緯斜めに網のように広がる複雑な組織は織りというよりは編み目のような印象で、隙間の大きな織り地ながら、しっかりとした張りを保っています。無地感覚ながら立体感のある典雅な景色が確かな存在感を見せてくれるお品、上布や夏紬などカジュアルな着物から軽い付下げなどやわらかものの装いにも合わせて頂けますし、芯の入らない涼やかさからも活躍の機会も多いことと思います。気品香るモダンな夏帯、ぜひこの機会にご覧くださいませ。
*こちらのお品は現在の上品羅のように落款は入っておりませんが、細かい部分の類似点から以前の北村武資さんの作品かと思われます。

この商品のONLINESHOPページを見る